実は福井県で生まれたセキ・ユウティン、幼少時の思い出は?(撮影:福田文平)

写真拡大

国内女子ツアーで人気急上昇中のツアールーキー、セキ・ユウティン(中国)にスポットを当てる「スイートハートのAtoZ」。今回は幼少時の日本での思い出について話してもらった。
人気急上昇中!19歳の中国美女、セキ・ユウティン写真館
中国国籍のユウティンだが実は福井県生まれ。父・越東さんの仕事の都合で日本に来ていたときに誕生した。5歳まで福井県で過ごし、その後は中国で生活。そして、今年からゆかりのある日本ツアーに参戦している。
日本で一番覚えているのは「幼稚園の時にみんなで砂遊びしたこと」と話すユウティン。もう1つかわいらしい思い出を話してくれた。「プールに小さな魚を入れて誰が一番とれるかという競争を何度かしたのですが、私は水が怖くて……、プールに入るたびに泣いていました(笑)。今ではもう大丈夫ですけどね」。
父親の仕事の都合で幼稚園を離れる時にはクラスのみんなが絵を描いて、“これからも頑張って!”という手紙とともにもらったという。「とても感動しました。今でもその手紙は持っています」と話してくれた。
その後、日本を離れ中国で生活していたユウティンだが、小学校4年生の時にゴルフの試合で日本を訪れ、ふと思い出したことがあったという。「ホテルの近くに踏み切りがありました。そのカンカンカンという音を父と聞いて、懐かしいねと。実は福井の家の近くにも踏み切りがあったんです。小さい頃の記憶にもかかわらず、なぜか懐かしさがこみ上げました」。
そんな思い出深い日本で転戦する日々について、「小さいころにいたことがある分、なじみがあるので日本の環境に戸惑いはありません。食べ物も環境も大好きです!」。
■セキ・ユウティンプロフィール
セキ・ユウティン(石・日の下に立に女へんに亭)/1998年3月5日生まれ、福井県出身。中国人の両親から福井県で生まれ、5歳まで日本で育つ。その後、中国へと渡り妹と共にアマチュア時代から美人ゴルフ姉妹として活躍。16歳の時に出場したアジア太平洋のアマチュアゴルフ団体戦「クイーンシリキットカップ」では、当時の日本代表・勝みなみ、森田遥らを退けて個人優勝を果たし、中国を団体2位に導いた。2016年の中国女子ツアーでは3月に初勝利を挙げるなど賞金ランク1位。中国期待の新星はさらなるレベルアップを目指して日本ツアーの門をたたいた。端正な顔立ちに加え、笑顔が多く女性らしい可愛らしい声から“スイートハート”の愛称で親しまれている。171cm・63kg。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【スイートハートのAtoZ】
注目美女セキ・ユウティンを強くする、ヒ・ミ・ツの“決まりごと”
母国で2連勝、好調セキ・ユウティンの宮里藍との思い出
今年は中国美女が増えている?セキ・ユウティン&チャン・ウェイウェイ インタビュー
キム・ハヌル、全米女子OPのペアリングにビックリ!?まさかの…