画像提供:マイナビニュース

写真拡大

東京ディズニーシー(千葉県浦安市)で10日、ダッフィーの新しい友達"ステラ・ルー"が登場する新グリーティングショー「ステップ・トゥ・シャイン」(7月11日〜2018年3月19日)が初お披露目された。

3月23日に東京ディズニーシー・ホテルミラコスタで行われた「ダッフィー&フレンズ・ハッピーファンイベント」で初お披露目されたステラ・ルーは、愛らしい耳と星のように輝く瞳をもったラベンダー色のうさぎの女の子。ブロードウェイのステージに立つことを夢見て、毎日ダンスの練習に励んでいる。

アメリカンウォーターフロントにあるドックサイドステージで行われる新グリーティングショー「ステップ・トゥ・シャイン」では、ミッキーとダッフィーが、ステラ・ルーのために練習の成果を披露する場としてダンスショーを開催。ミニー、シェリーメイ、ジェラトーニも一緒にステラ・ルーの夢を応援する。

はじめに、ショーディレクター役のミッキーとダンスショーのホスト役のダッフィーが登場。ミュージックディレクター役のミニー、ミュージシャン役のシェリーメイ、アートディレクター役のジェラトーニも登場し、ダンスショーの準備をする。そして、ミニーが奏でるピアノ、シェリーメイによるパーカッションの演奏にあわせてステラ・ルーが登場し、夢にあこがれる気持ちを踊り出す。

その後、ステラ・ルーによるダンスのお披露目が始まり、ワルツにのせてバレエを披露するシーンでは、ミニーもピアノソロで魅了。ドラムのビートに切り替わると、ミッキーが華麗なタップダンスを披露し、ステラ・ルーも苦戦しながら挑戦する。終盤では、ゲストも巻き込んで全員でダンスを楽しみ、さらに、キャラクターたちが客席に降りてゲストにグリーティング。「夢は追い続けたら、いつかきっと叶う」。熱いメッセージが込められた新ショーでステラ・ルーが大活躍だ。

なお、「ステップ・トゥ・シャイン」で着用しているコスチュームを着た、ミッキーやダッフィーたちのぬいぐるみバッジ6種類が、7月3日より登場した。