インスタグラムより

写真拡大

 歌手の浜崎あゆみが9日、都内の新居で行ったパーティーの様子をインスタライブで配信した。

 今年、南青山の“あゆ御殿”から、都内屈指の高級住宅街に住居を移した浜崎。この日は、開催中の全国ツアーの「結束大会」と称し、浜崎お抱えのバックダンサーやコーラスメンバーが新居に集結。大勢で酒を酌み交わし、はしゃぐ姿をスマホで生中継した。

 また、配信の最後には、先月出演した『しゃべくり007』(日本テレビ系)で浜崎が共演者から「やってほしい」とリクエストされた「アリーナー!」「じゅん、ジュワ〜」といったギャグを、みんなで披露。浜崎は気心の知れた仲間たちに囲まれ、終始上機嫌だった。

「ファンからは『屋上、広すぎ!』『海外の広い庭みたい!』と驚きの声が相次いだ。この新居には、最近まで庭師が出入りしており、テラスの外周には壁のように隙間なく高い木が植えられ、プライバシーを強化。中古の戸建てですが、すっかり芸能人仕様に生まれ変わったようです。ちなみに、この日の浜崎はダルダルのTシャツに長ズボンにサンダルと、ラフな部屋着姿で登場。そのためか寸胴さが目立ち、まるで大家族をまとめるお母さんのようでした」(芸能記者)

 浜崎が出演した5日放送のバラエティ番組『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』(同)の2時間スペシャルは、平均視聴率13.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の好数字を記録。浜崎は、25人もの取り巻きを引き連れて収録に訪れたという。

「このとき、日テレの控え室は使わず、局近くの5つ星高級ホテル『コンラッド東京』のロイヤルスイートを楽屋代わりにしていたあゆですが、11日発売の『女性自身』(光文社)によれば、支払いは数時間の部屋代とルームサービス代で100万円を超えていたとか。しかも、その支払いはあゆ持ちだったそう。あゆにとってテレビ出演は、自身のセレブぶりを関係者内外にアピールする絶好の機会なのかもしれません」(同)

 お金だけでなく、視聴率も持っていることが判明した浜崎。セレブキャラを売りに、今後も精力的な活動が期待できそうだ。