松屋限定フラットシューズ(赤/ナッパレザー)8万2,000円

写真拡大

 イタリアのラグジュアリーシューズブランド「ジャンヴィト ロッシ(Gianvito Rossi)」が本格上陸する。8月4日に国内1号店としてオープンする松屋銀座本店のショップインショップを皮切りに、阪急うめだ本店や伊勢丹新宿本店に続々と出店する。

 ジャンヴィト ロッシは、2007年春夏シーズンからブランドをスタート。デザイナーのジャンヴィト・ロッシが手掛けるシューズは、モダンでセンシュアルなデザインがセレブリティや感度の高い顧客から支持を得ている。2017-18年秋冬コレクションには、着物の襟からインスパイアされたVカットのポインテッドトゥパンプスや、刺青から着想を得てドラゴンが刺繍されたスティレットサンダルなど日本の文化背景から影響を受けたデザインを多くそろえている。
 松屋銀座本店2階インターナショナルブティック内にオープンするショップインショップでは、同店限定のフラットシューズ(税別8万2,000円)を販売。阪急うめだ本店4階には8月16日、伊勢丹新宿本店2階には8月30日にそれぞれショップインショップをオープンするほか、両百貨店ではポップアップショップも開催する。