UEFAヨーロッパリーグ、グループG、アヤックス対パナシナイコス。得点を喜ぶアヤックスのアブドゥルハーク・ヌーリ(右、2016年11月24日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】オランダ・エールディビジのアヤックス(Ajax)は10日、オーストリアでの練習試合中に突然倒れたMFアブドゥルハーク・ヌーリ(Abdelhak Nouri)について、検査では心臓に問題はみられなかったと発表した。

 アヤックスは声明で、「検査の結果、アピー(Appie、ヌーリの愛称)の心臓は正常に機能しており、損傷はないとみられる。しかしながら、まだ睡眠状態のために脳の検査ができないため、彼の全快について言及するのは時期尚早である」と述べた。

 20歳のヌーリが心臓疾患で倒れたことを受け、10日に予定されていた公開練習を中止したアヤックスは、同選手が「不整脈に陥り、現在は回復している」と明かしていた。

 アヤックスの若手有望株の一人に挙げられているヌーリは、ヘリコプターでオーストリア・インスブルック(Innsbruck)の病院に搬送された。ツイッター(Twitter)では#StayStrongAppieのハッシュタグがつけられ、サッカー選手やファンから回復を祈るメッセージがあふれている。
【翻訳編集】AFPBB News