10日、中国メディアの環球網は韓国人に人気の海外旅行先として日本が1番人気になったと伝えた。写真は成田空港。

写真拡大

2017年7月10日、中国メディアの環球網は韓国人に人気の夏休みの海外旅行先として日本が1番人気になったと伝えた。

韓国の韓国旅行会社「MODETOUR」が7月22日から8月12日までの海外旅行商品と航空券の予約状況について分析したところ、23%の韓国人が日本旅行を計画しており、前年同期の13%と比べて大きく増加した。

一方、中国旅行を計画している韓国人は、15.3%に過ぎず、昨年同期の25.4%と比べて大幅に減少した。この原因について記事は、高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備をめぐる問題のためだとしている。

このほか、ベトナム旅行を計画している韓国人も昨年と比べて倍増しており、マレーシア、シンガポール、タイへの旅行の予約も、それぞれ前年比で54.0%、46.9%、14.1%増加した。しかし、フィリピン旅行はイスラム国の脅威のために前年比で37.3%減少した。(翻訳・編集/山中)