元Nine Muses ミンハ、新ドラマ「アルゴン」に出演確定…本格的な女優活動スタート

写真拡大

元Nine Musesのミンハが、tvN新ドラマ「アルゴン」にキャスティングされ、本格的に女優としての歩みに出る。

所属事務所J.Wideカンパニーは本日(11日)、「アルゴン」にイ・ジニ役で抜擢されたと発表した。周囲のスタッフが“美女脚本家”と呼ぶことをそれとなく楽しむ、スタイルが良くてキュートな末っ子脚本家の役どころだ。筆力よりは要領と愛嬌に依存して仕事をしようとする分別がない青春の姿を見せる予定だ。

tvNドラマ「ナイン・ジンクス・ボーイズ〜九厄少年〜」以来、約3年ぶりにテレビドラマでカムバックする。所属事務所は「格別な覚悟を決めてドラマに対する情熱を持って、撮影の準備に余念がない」と伝えた。

「アルゴン」は偽のニュースが氾濫する世の中で、ただ“ファクト”を通じて真実を明らかにしようとする熱情的なメディア人の激しい人生を描き出すドラマだ。俳優キム・ジュヒョクとチョン・ウヒが出演する。「ハベクの新婦」の後番組で、韓国で9月に放送される予定だ。