練習初日にド派手なファッションで現われたトゥーレ・ヤヤ。新シーズンはやってくれそうだ。 ※写真はマンチェスター・シティの公式サイトより

写真拡大

 現地時間7月10日、マンチェスター・シティが新シーズンに向けたトレーニングを開始。バカンスを終えたトップチームの選手が続々とクラブハウスに集まるなか、奇抜なファッションで周囲の度肝を抜いたのが、MFトゥーレ・ヤヤ(34歳)だ。
 
 カラフルなTシャツに赤のスウェットパンツ、プロ野球選手を思わせるセカンドバックを左手に持って颯爽と登場。Tシャツは欧州のサッカー選手にも人気のハイブランド『フィリップ・プレイン』の高級品だが、素人にはもはやオシャレなのか、ズレているのか判別が難しい“ハイレベル”なコーディネートだ。クラブの公式サイトでも「派手な身なりで目立っていた」と紹介されている。
 
 今夏の退団が取り沙汰されたものの、最終的に1年の契約延長にサインし、就任2年目を迎えたジョゼップ・グアルディオラのチームで中心的な働きを期待されるトゥーレ・ヤヤ。気合いは十分(!?)のようだ。
 
文:ワールドサッカーダイジェスト編集部