DF高橋峻希が離脱

写真拡大

[故障者情報]

 ヴィッセル神戸は11日、DF高橋峻希が神戸市内の病院で検査を受けた結果、右ハムストリング肉離れで全治約10〜12週間と診断されたことを発表した。

 再び戦列を離れることになった。高橋峻は5月24日のルヴァン杯グループリーグ第6節で負傷し、右ハムストリング肉離れで全治約8週間と診断された。1日に行われたJ1リーグ第17節川崎F戦でリーグ戦5試合ぶりに先発出場したが、またも負傷離脱。今季は13試合に出場していた。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ