ロゴ

写真拡大

 ファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイが7月10日、以前から準備を進めている同社プライベートブランドの立ち上げスタッフの募集を開始した。職種によっては最高年収1,000万円を提示。応募締め切りは7月31日を予定しており、定員に達し次第、募集を終了する。
 募集中の職種は生産管理スタッフ、品質管理スタッフ、アシスタントデザイナー、バタンナー、グレーダー。いずれも雇用形態は正社員で、募集人数は若干名としている。応募資格には5〜15年の実務経験などがあるが、年収は生産管理スタッフとパタンナーとグレーダーが600〜1,000万円、品質管理スタッフとアシスタントデザイナーが300〜600万円。ファッション業界専門の人材紹介を手掛けるクリーデンスによると35歳〜39歳の平均年収はパタンナーが389万円、アパレルデザイナーが406万円、生産管理が453万円のため、スタートトゥデイの提示年収はいずれも高水準となっている。
 プライベートブランドはICTやIoTをフル活用し、老若男女が楽しめる今までにないブランドで、前澤友作社長は「ファッション業界の常識や慣習を転覆させる前代未聞のブランドになりそうです」とコメントを発表している。ローンチ時期は2017年中を予定。