チリの首都サンティアゴで、配車アプリ「ウーバー」に抗議するデモを行うタクシーで埋め尽くされたアラメダ通り(2017年7月10日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】南米チリの首都サンティアゴ(Santiago)で10日、配車アプリのウーバー(Uber)に抗議するタクシー運転手らによるデモが行われ、市内のアラメダ通り(Alameda Avenue)はタクシーの列で埋め尽くされた。

 ウーバーに抗議するタクシー運転手によるデモは世界各地で行われている。また、安全性への懸念や課税といった法律上の問題から、ウーバーの利用が禁止されている国や都市もある。
【翻訳編集】AFPBB News