エミネム、ニューALを制作中?

写真拡大

 2017年に入ってから、ビッグ・ショーンの「No Favors」にフィーチャーされたり、自身の3rdアルバム『ザ・エミネム・ショウ』の発売15周年記念バンドルを発売する以外は特に音楽がらみの話題はなかったエミネムだが、ここに来てニュー・アルバムを制作中なのではないかと噂されている。

 噂の発端は、米ケーブルTVで放映中のミニ・シリーズ『The Defiant Ones』を監督しているアレン・ヒューズが、Uproxxとのインタビューでこぼした内容だった。同シリーズはドクター・ドレーとジミー・アイオヴィーンの関係を描いたドキュメンタリーだが、ドレーがヒップホップ界の大物から賢い実業家へと移行していったことについて聞かれたヒューズが、「みんな知らないけれど、ドレーは毎日レコーディングしているんだよ。彼は文字通り毎日(スタジオ入りして)曲をレコーディングしてる。そういう意味で彼はピカソみたいなんだ。常に絵を描いている。今はギリギリのタイミングでエミネムの最新アルバムのトラックをプロデュースしているよ。だからドレーはまだ音楽に深く携わっているんだ」と答え、図らずもエミネムの近況に触れてしまった。

 先週末には2チェインズがSiriusXMのShade 45(エミネムがプロデュースしているヒップホップ・チャンネル)の番組で、エミネムとレコーディングしたことを明かしている。最初はリミックスへの参加を打診されたようだが、オリジナル曲のフィーチャリング・アーティストがいいと自分から説得したようだ。

 リック・ルービン宅でエミネムに会った彼は、「俺は正直に言ったんだ、“エミネム、何でリミックスなんているの?リミックスはレコードをNo.1にする為に使われるものだろ?あんたは他の誰かや自分のリミックスなんてやったことあるのかよ?嘘だろ”」と話したことを番組で明かしている。

 エミネムが本当に新作を制作中だとしたら、2013年の『ザ・マーシャル・マザーズLP2』以来のアルバムとなる。


◎2 Chainz Interview - Talks Pretty Girls Like Trap Music & much more with DJ Drama (Part 1)
https://youtu.be/vMiwFOL9qVQ