写真=PIXTA

写真拡大

異性からはさほどでもないが、なぜか決まって同性に嫌われる人がいる。一体なにが原因なのか。社内でひとりぼっちになった経験がある男女4人の実話から探ろう。

※本文と写真は関係ありません

CASE1:成果を上げているのに、なぜ説教され続けるのか
●Iさん(43歳・男性)
粘着質で細かい部長に、仕事の本質以外のところで注意され続けたIさん。つい「成果は上げています」と反論したところ、部長から「生意気」と思われ、昇進がピタリと止まった。

Iさんは7年前にいまの会社に転職。問題の部長(50代後半)がやってきたのはいまから4年前だ。「今度の部長は細かいよ」という前評判だったが、Iさんは色眼鏡で人を見たくなかったので、あまり噂を信じないようにしていた。でも実際に上司に会ってみると、本当に驚くほど細部を重視する人だったのだ。報告書の書き方などは自分の「型」がガッチリ決まっていて、そこからはみだしたところを逐一指摘してくる。それまでIさんにとって上司とは、まず「よくやったね」と肯定し、そのうえで、「でもここを直すともっといいよ」というようにアドバイスをしてくれる存在だったので、まず否定から入るというスタンスがショックだったという。

そんなときに起きたのが、「台風事件」である。前日から「明日はダイヤの乱れが予想されるので注意するように」とは言われていた。Iさんはいつもより1時間早く家を出たが、ホームから人があふれ、ようやく電車が来ても満員で乗り込めない。会社に着いたときは始業時刻を1分過ぎていた。すると部長から、「電車が遅れることはわかっていたはずだ。おまえは社会人としての自覚に欠ける」と叱責を受けてしまったのだ。また別の日、Iさんが昼食をとりに外出したところ、店が混んでいてオフィスに戻るのが1分遅れたことがあった。そこでまた叱責。

「こんな仕事の本質以外の部分で評価が下がるのは納得できない」と思ったIさんは、数字を持ち出して「私はこんなに成果を上げています」「会社の目標だってクリアしています」と主張したが、部長は聞く耳を持たない。まわりの人によれば、どうやら「反論する部下」が嫌いらしい。よりによってIさんは、最も嫌われるようなことをしてしまったらしいのだ。そのため周囲が昇格・昇進しているなか、Iさんだけが昇進できないまま。いまではIさんは体調不良を理由に会社を休むことも多い。だいたい部長は5年単位で異動するので、あと1年辛抱するか、それとも転職するか悩んでいるという。

▼解説

異性からはさほどでもないが、なぜか決まって同性に嫌われる人がいる。男に嫌われる男、女に嫌われる女には、どういう共通点があるのだろうか。

「職場で同性から嫌われた経験がある」という4人に取材をし、そのレポートを心理カウンセラーの塚越友子さんに分析してもらった。

塚越さんによると、同性に嫌われてしまうのは、「同性間で交わされた暗黙のルールを破るタイプ」だという。

「男性は道徳、公平、正義を大事にする。だからそれに反する男性は同じ男性から嫌われます。いっぽう女性は女同士の横のつながりへの配慮を欠くと嫌われるのです」(塚越さん)

たとえば新入社員のくせに、「俺は結果を出しているんだから、雑用はしない」と言う男。これは上下関係の序列遵守という道徳を守らない行為なので嫌われる。また「上司の前ではいい顔をするが、上司が見ていないところではサボる男」「自分の利益のためには行動するが、他人のためには何もしない男」も、「公平・正義」という男の掟に反するのでアウト。

男性は上下関係を大事にするのに対し、女性は女同士の横のつながりを大事にする。これは「人間関係を重視し、それを良好に保つための気配りや共感を重んじる」という女性独特の道徳性からきている。みんなが人の悪口を言って盛り上がっているとき、自分だけいい子ぶって言わないような女性は、「共感を重んじないやつ」ということになり、女性たちから嫌われるのだ。

このIさんのケースは、「遅刻をしない」「上司の言うことを聞き、指示系統を乱さない」という男社会のルールを破ってしまったところが、上司から嫌われた原因だろう。

----------

▼塚越さんのアドバイス
部長のパーソナリティに問題がありますが、こうした人が上に立つことは組織にはよくあります。彼らが発する細かい指示や注意を真に受けてはいけません。「私が指示を出す人」「あなたは指示を聞く人」という立場を伝えたいだけなのです。「俺に逆らったらこうなるぞ」と1人を標的にすることで、部署全体に対して恐怖感を持たせて服従させるのが彼らの目的です。組織は上司の絶対王政であると割り切りましょう。反論しては嫌われる一方です。何を言われても「はい」「すみません」で対応し、上司が変わるのを待ちましょう。

----------

CASE2:まるで姑! お茶汲み、掃除に細かいダメ出しまで
●Eさん(45歳・女性)
男性ばかりの職場でたった1人の女性の先輩から、お茶汲み、掃除などのやり方を細かくダメ出しされる。やがて休日の待ち合わせをすっぽかすなど、嫌がらせをされるように。

Eさんは、20代のころ、自分より年齢は下だが職歴の長い女性社員に嫌われた経験を持つ。そこは土木業の会社で、女性がお茶汲み、掃除などをする古い体質だった。その先輩女性社員が、お茶の入れ方や掃除の仕方などについて、細かくダメ出しをしてくるのだ。

「お茶の葉の量が少なすぎる」
「お湯を急須に注いだら、急須を揺らしてはいけない」

それでも女同士、うまくやりたいと思っていたEさん。あるとき彼女が、「今度の日曜日、おいしいと評判の店に一緒にパンを買いにいこう」と誘ってきた。ところが当日、待ち合わせ場所でずっと待っていても彼女はやってこない。電話すると「ごめん、もう買っちゃった」。最初から待ちぼうけを食わせるつもりだったのだ。

なぜ自分が嫌われたのかわからなかったEさんは、同僚の男性に相談。「いままで女性ひとりでチヤホヤされていたから、Eさんが目障りなんでしょ」と言う。その会社は仕事柄男性が多く、Eさんが入ってくるまで女性社員は彼女ひとりだけ。職場のアイドル的存在だったのだろうとEさんは見る。

▼解説

心理カウンセラー・塚越友子さんによれば、このようなケースは「ジェンダー・アイデンティティーの問題」だという。

「女性たちは集団のなかで、“気が利くこと”“人間関係を円滑に保つこと”“女性らしさ(美しさ、若さ、かわいらしさ)”などを競い合っています。このケースは職場の紅一点だったところへ別の女性が入社したことで、自分の地位が下がると思ったんでしょうね」同性から嫌われるとどうなるか。女性同士の場合、よくあるのが「集団での無視」。まるで小・中学生のようだが、これも“横のつながり”を重視するがゆえ。挨拶をしても返事をしない、会話は必要最低限のみ。もちろんお昼ご飯にも誘われないので、1人でランチを食べるはめになる。「女性は“人間関係を良好に保つ力”も女らしさの一部として数えられます。だから1人でランチをとる女性は目立ってしまう。ランチを一緒に食べる人がほしいという相談もよく受ける。これは“ランチメート症候群”と呼ばれています」(塚越さん)

----------

▼塚越さんのアドバイス
あなたがどんなにがんばっても、このタイプはケチをつけてきます。どうすれば認めてもらえるのか、正解を求めてはいけないのです。
一連の嫌がらせは集団に加わるときの「通過儀礼」かもしれません。この人は私の仲間になれるかしらと意地悪なテストを仕掛けているのです。
女性の場合、この通過儀礼を通過できれば、その後は突然優しくなるというケースもあります。関係を改善したいなら、時間がかかりますが、ずっと怒られっぱなしになって無抵抗を続けていれば、認められる可能性はあります。

----------

CASE3:なぜ? 配属早々、仕事の改善案を提案したのに
●Yさん(38歳・女性)
女性ばかりの職場でグループごとにリーダーが8人いたが、Yさんはそのうち5人から無視されるように。きっかけは配属早々、彼女たちの仕事のやり方を批判したことだった。

Yさんは女性の集団から無視されるようになってしまった。Yさんの職場は80人中75人が女性で、管理者は不在。その代わりグループごとにリーダーが8人いた。Yさんもリーダー候補としてその職場に配属されたが、その8人のリーダーたちのうち、5人から無視されるようになってしまったのだ。

きっかけは、Yさんが配属されてまだ2〜3日目に、注文実績の数え方に間違いがあることに気づき、それを指摘したこと。また彼女たちの仕事の組み立て方について、「もっと先を見越して、こうしたほうがいい」というように、何度か意見を言ったことだった。通りすがりに「仕事もろくにできないくせに」とボソッとつぶやかれ、「あ、私のことだ」とピンときた。

やがてYさんは彼女たちが自分に素っ気ない態度をとっていることに気がついた。話しかけても返事がない。「聞こえないのかな?」と思って重ねて話しかけると、「はい」「うん」「そう」など一言だけで終わる。「嫌われているんだ」と気づき、仕事中に泣きそうになってしまった。そんな状態が2〜3カ月続いたが、「あんなくだらない人たちと同じレベルになってたまるか」と思い、こちらから普通に話しかけるようにした。たとえばロッカールームで顔を合わせれば、「今夜はスーパームーンなんだって」などと他愛ない世間話を振る。もちろん返事は「ふーん」だけ。でも「表面上だけでも、トゲトゲしなければもうそれでいい」と開き直り、1年くらい同じ態度を貫いた。結局その部署は会社の都合で仕事が減り、他部門に集約されて解散。

Yさんと関係の悪かった人たちは解雇され、いまでは一人も残っていない。

▼解説

このように無視されるのは決して愉快なことではないが、男性が男性(特に上司)に嫌われると、昇進や昇給などの待遇に露骨に響いてしまうのが怖いところだ。また同期で目立って出世すると、周囲の妬みを買うおそれも出てくる。もっともこれは厳密にいえば「嫌われる」ということとは違う。

「人間は常に自分と他人を比較しながら生きています。自分とあまりにもかけ離れた人とは比較しても不快になりませんが、同性、同世代、同期入社など共通点があると、つい比較してしまう。そしてその相手に自分よりも優れたところがあると、場合によっては妬み、抑うつ、憤慨などの感情が生まれる。その感情を処理するために、相手と心理的な距離をとろうとするのです」(心理カウンセラー・塚越友子さん)

----------

▼塚越さんのアドバイス
職場とは絶対的な正しさではなく、それぞれの職場ならではの「ローカルルール」で動いています。Yさんはそれを無視して、新しい職場の仲間として受け入れられる前から、自分のやり方が正しいという主張を繰り広げてしまった。これでは嫌われるに決まっています。
実はこの手の相談はとても多く受けます。組織のルールをまず見ましょう。自分のルールとは違っても、それを否定、批判するのはNG。「自分の考えもひとつの仮説にすぎない」と一歩引いて職場を眺めれば、状況が理解できるのではないでしょうか。

----------

CASE4:資格をとったら、同期から嫌がらせが始まった
●Sさん(36歳・男性)
ある資格をとったSさん。すると同期の男性から、「資格をとったからといって仕事に直結しない」「資格の勉強をする暇があったら仕事をするべきだ」などの嫌みが始まった。

Sさんは、資格取得をきっかけに、同期の男性社員からさまざまな嫌がらせを受けるようになった。Sさんが勤めていたのは急成長中の若い企業で、やる気さえあれば誰でも重要な仕事に抜擢してもらえたためSさんは発奮。働きながら、ある資格を取得した。ほとんどの人は「えらいね」「がんばってるね」「体壊さないでね」という反応だったが、その同期社員は、「資格をとったからといって仕事に直結するわけじゃない」「資格の勉強をする暇があったら仕事をするべきだ」などと嫌みを言うようになったのだ。

その男性社員は2歳年上だったがSさんと同じ転職組で、同時期に入社したという意味での「同期」。最初のうちは「お互いがんばりましょう」と飲みにいったり、仲良くしていた。でもSさんが頭角を現し、現場の人たちや社長から可愛がられるようになると、彼の態度が変わってきた。はじめは稚拙な嫌みを言うだけだったのが、手の込んだ嫌がらせをするようになってきたのだ。Sさんがタバコ部屋で5分休憩していたら「1時間もサボっている。残業代泥棒だ」。直接Sさんを知らない人に、「あいつはこんなやつだよ」とあることないことを言う。女性社員に「Sはいつも◯◯ちゃんの胸ばっかり見てるよ」などと吹き込む。

またSさんあての電話をその男性社員がとると、伝言を伝えてくれない。ふつうは伝言メモを机の上に置いたり、付箋を貼ったりするが、彼はそれをせずに、メモをSさんの机の下のゴミ箱に入れるようになったのだ。つまり「俺はちゃんと置いたよ。おまえが自分で間違えてゴミ箱に捨てたんだろ?」と言えるようにしておくというわけだ。

もちろん飲み会にも声をかけないし彼が幹事をする会は、必ずSさんの都合の悪い日に設定する。

「出る杭は打たれるが、出すぎた杭は打たれない」という。Sさんは「出すぎた杭」になることを決意した。その後、さらに7つの資格を取得。寝る間を惜しんで仕事に打ち込んだ結果、同期は異動で北海道に飛ばされ、Sさんは現在、コンサルとして独立している。

▼解説

なるべくなら人の妬みは買わないほうがいいが、完全に封じ込めるのは不可能だ。心理カウンセラー・塚越友子さんは、「成功したいなら、ある程度妬まれることは覚悟したほうがいい」とアドバイスする。妬みは相手が一方的に抱くもの。自分は悪くないのだから、放っておけばいい。

結局、万人に好かれることなどありえない。仮に誰かに嫌われたとしても、よくあることとして受け流し、嵐が去るのを待つのが得策のようだ。

----------

▼塚越さんのアドバイス
Sさんが「出すぎる杭は打たれない」と一念発起し、仕事の結果を出し、嫌がらせを打ち消せたのは心理学的に理にかなっています。周囲の人と比較して、自分のポジションをいつも確認していて、あまりにも近しい人が成果を出していると、自分が傷ついてしまうので、相手との心理的距離を取ろうとすることから、嫌がらせは始まります。手の届かない人間だと諦めると、嫌がらせは終わるのです。Sさんの職場は、Sさんの仕事ぶりを評価し、足を引っ張った同期を左遷したところから、正常な組織だったことにも、救われましたね。

----------

<同性からの「嫌われやすさ」度をチェック>

*あてはまるものにチェックを入れてください。チェックが多いほど、同性から嫌われやすい可能性があります。

▼男性編
□仕事で結果を出しているから、雑用はしない
□上司が見ていないところでは手を抜く
□自分の利益のためには行動するが、他人のためには何もしない
□同期と比べて出世が早い
□上司と意見が異なっても、自分が正しいと思うことは説得する

▼女性編
□女性同士で持ち物を褒め合うのは白ける
□女性同士で職場の人の悪口を言い合うのには、加わりたくない
□職場の女性のなかで飛び抜けて若い
□職場のなかで飛び抜けてキレイだと思う
□まわりの女性は気が利かないと感じる

----------

塚越友子(つかこし・ともこ)
心理カウンセラー。東京女子大学大学院社会学修士号取得。報道・広報の仕事に携わった後、銀座でホステスに転身。豊富な人生経験と高度な臨床技法をベースにカウンセリングを行っている。
 

----------

(ライター&エディター 長山 清子 写真=AFLO、PIXTA)