東洋医学の3つの健康バロメーター「虚実」「寒熱」「気血水」

写真拡大

近年、現代医療にも積極的に取り入れられ、再評価されつつある東洋医学。「健康診断」「予防医学」の観点からも注目される独自の診察手法を学びに、北里大学東洋医学総合研究所の「漢方ドック」へお邪魔した。

■調べるのは虚実、寒熱、気血水

1972年、日本で最初に東洋医学の臨床・研究機関として設立された北里大学東洋医学総合研究所では、6年前に「東洋医学ドック」を開設。この春に「漢方ドック」と改称し、東洋医学の考え方に基づいた健康診断を行っている。「2000年前の中国の漢方や鍼灸の医書には『上工は未病を治す』と書かれています。まだ病気ではないけれど、そのまま放っておいたら病気になる状態『未病』を見つけ、早めに手を打つのが上手な医者(上工)という意味の言葉です。このように、もともと東洋医学には、現代風に言えば『健康診断』や『予防医学』という考え方があるのです」と話すのは、同研究所の石毛達也氏だ。

「何となく体調不良が続いているけれど、現代医学の検査では異常が見つからないという人も多いと思います。『漢方ドック』では、こうした患者さんの自覚症状に寄り添いながら、東洋医学の視点から診察。『未病』を発見して、その改善のためのアドバイスをしています」

現代医学の健康診断では、血液検査や尿検査、X線検査などの結果をものさしに健康状態を判定するが、「漢方ドック」では「虚実」「寒熱」「気血水」という東洋医学の3つの考え方をものさしに体の状態を診ていくという。

「東洋医学では『中庸』、つまり偏りのなさを重視します。『虚実』『寒熱』『気血水』の、それぞれのバランスが崩れた状態を『未病』ととらえます」

「虚実」は患者の基本的な体力や病気に対する抵抗力を表す概念で、体力や抵抗力が過剰な状態を「実証」、体力や抵抗力が低い状態を「虚証」という。

「寒熱」は体の状態を表す考え方で、たとえば手足の冷えや下痢などの症状が見られる状態は「寒証」、のぼせや手足のほてりの症状がある状態を「熱証」ととらえる。また、顔はほてっているのに足は冷える、といった「寒証」と「熱証」が同時に出る状態を「寒熱錯雑」という。

「気血水」は体を構成するもので、「気」は「元気」や「生気」の「気」で、目に見えないエネルギーのこと。「血」は赤色の液体、血液のことで、「水」はリンパ液やだ液などの透明な液体のこと。東洋医学では、気血水のバランスを診ることによって心身の状態を評価するという。

「気血水のそれぞれが不足している『虚』、流れが滞っている『滞』など、7つの状態に分類して診断します。たとえば慢性的な肩こりは、精神的ストレスや運動不足、睡眠不足による『気滞』や『●血(おけつ)*』が原因である場合が多いですね」

*●=やまいだれに於

■望、聞、問、切の「四診」で診断

「虚実」「寒熱」「気血水」の状態を診断するにあたって、検査機器は一切用いない。その診察方法は「四診」と呼ばれる、「望」「聞」「問」「切」の4つだ。いずれも医師の五感を使った診察技術である。

「『望』は視覚による診察。たとえば、患者さんの体格や歩き方、顔色や舌診などから、その人の『虚実』や『寒熱』のほか、胃腸機能の良しあしも診ることができます」

「聞」は嗅覚や聴覚を使った診察。汗や息の臭いが強い場合は「熱証」であることが多い。またお腹のなる音や呼吸音などから、消化器や呼吸器の状態を診断する。

「問」は現代医学でも実施される問診のことだが、患者の自覚症状をより重視する東洋医学では、とくに入念に行われるという。

「睡眠状態や食欲、手足やお腹の冷え、女性の場合は月経周期など、全身の状態をうかがいます」

患者の体に触れる診察を指す「切」では、脈診と腹診を行う。脈診は手首の動脈に触れて脈の強弱や速さをはかるもの。腹診は日本の漢方に特徴的な診察方法で、横になった状態でお腹に触れて腹力や腹部大動脈の拍動、圧痛の有無を診るという。

「『腹力』というのは、簡単に言うとお腹の弾力のことです。お腹を押したときに適度な緊張があるのが正常な状態です」

「漢方ドック」では、こうした診断で「未病」と診断された患者に対して、生活習慣の改善、漢方薬の処方、鍼灸治療などを通して「未病」の状態から正常な状態に体を整えていく提案をしている。

「たとえば、健康維持の目的で水を多飲する人がいますが、『水滞』の人には1日に何杯も飲むのは控えていただきます。また、便秘や肌の乾燥など『津液不足(水の不足)』の人には、体液の産生をうながす漢方薬を処方するなど、その人の体質に合った治療やアドバイスを行っています。とくに大切なのが生活習慣の改善。『未病』の原因の多くは、そこにあります。自分の体質や体の状態を知り、それに適した生活を送ることが病を遠ざける一番の方法です」

年に1回、現代医学の健康診断の結果をドキドキしながら待つのは、それこそ体に悪い。そうした心労をなくすためにも、東洋医学の健康診断で「未病」の状態をチェック。健康状態を整えるきっかけにしてはいかがだろう。

(田端 広英 撮影=市来朋久)