歌舞伎俳優の市川海老蔵が11日、自身のブログを更新。長男・勸玄くんの成長っぷりを明かし、読者の間で反響を呼んでいる。

市川海老蔵公式ブログよりスクリーンショット

 今月3日から、歌舞伎座で行われる『七月大歌舞伎』に出演し、最年少での宙乗りを披露するという大役を務めている勸玄くん。

 初日の盛況っぷりに手をふって応えたり、セリフの直前に入った観客の歓声を待ってから、間合いを取りセリフを発するなど、大物役者っぷりを披露し観客を驚かせている。

 そんな勸玄くんが11日、「ちゅうのりのあとにぃ かんかん セリフいっていい?」と提案したそうで、これに海老蔵は「と、、え? ま、まじか?」と動揺。

 「やる気だこのひと、空飛んでから自分でやろうとしとる、、、なにかを 私にもわからないですが、、、」「むむむ また今日から更に肝を冷やすな、、父、」と、その成長っぷりに驚きつつ、父として、舞台に立つ息子が心配な様子を綴った。

 

 これを受け、読者からは「なんて言うんだろう?!すごいなー、カンカン!めちゃやる気!!」「かんかんちゃん!目覚めましたね!!どんな台詞が出てくるのかな。楽しみですね。」「カンカンすごいですね!!!肝が据わってるというか...さすが海老蔵さんのお子様です!!」「カンカン、宙吊りの後のセリフ!なんて言うのかな?すっかり歌舞伎役者ですね(^^)v」など様々な反響が寄せられている。