「CAMPFIRE」サイトより

写真拡大

 カレー屋「ケニックカレー(kenickcurry)」が、新店舗を年内にオープンする。場所は渋谷エリアを予定。
 ケニックカレーは、プロダクトレーベル「kanvas」のディレクター ケニックが手がける渋谷のカレーショップで、2014年6月にオープン。オリジナルキーマカレーを提供し、デザイナーやアーティスト、バイヤー、モデルなど業界人が通う店として注目を集めている。
 新店舗では従来のケニックカレーをはじめ、女性向けの美容に繋がるカレーや、スパイスを使用したおつまみ、デザートといったメニューを提供するほか、カレーをテーマにしたイベント、アーティストの作品展示などを計画。さまざまな人が集まり、ファッションや音楽、アートなどのカルチャーの化学変化が起きるような場を目指すという。オープンに向けて、クラウドファンディングプラットフォーム「キャンプファイヤー(CAMPFIRE)」を通じて、9月23日まで開業資金を募っている。目標金額は200万円。支援のリターンとして、一般向けにはケニックカレーの食べ放題券や限定Tシャツ、特製のスパイスセット、シークレットパーティの招待券、新メニュー命名権などのプラン、企業向けには制服に企業ロゴのプリントや、新店舗内の壁に企業名を刻印、コラボカレーの製作といったプランをそろえている。