イメージ図

写真拡大

 野村不動産と三越伊勢丹ホールディングスが7月10日、フィリピン大手不動産会社のFederal Land Incorporatedと共同で合弁会社を設立し、分譲住宅及び商業施設の不動産複合開発に取り組む事を発表した。2018年に着工、2020年に商業施設開業、2025年に住宅4棟のプロジェクト竣工を予定している。
 3社は、マニラ首都圏のボニファシオ・グローバル・シティ地区に位置する、グランド・セントラルパーク地域の開発を実施。約1,400戸から構成される分譲タワーマンション4棟と下層階の商業施設を組み合わせた開発で、日系デベロッパーと日系小売企業参画によるフィリピンで初の複合開発プロジェクトとなる。ボニファシオ・グローバル・シティはオフィス開発の進むビジネス地区であると同時に、高い人口の伸びを示しており住宅需要が高まるエリア。プロジェクトでは、日本をコンセプトとした住宅分譲事業や、小売事業のノウハウを活かした商業施設を開発することで、フィリピンにおいて上質で新しいライフスタイルを提案するという。