画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ゴールドウインはこのほど、「スポーツを楽しむサラリーマン・OLのスポーツに関する調査」の結果を明らかにした。同調査は5月2日〜8日、何らかのスポーツをしている20代〜50代以上の会社員男女480名を対象にインターネットで実施したもの。

「スポーツの頻度」を尋ねたところ、最も多い回答は「週2回程度」(26.7%)だった。「週3〜4回程度」は25.8%、「毎日」は17.7%となっており、合計すると週に2回以上スポーツをしている人は70.2%となっている。

現在行っているスポーツについて聞くと、「ウォーキング」(47.5%)、「ランニング・ジョギング」(41.0%)など、ラン系が1位・2位を占めた。3位以降も、「筋力トレーニング」(24.6%)、「体操・ストレッチ」(20.0%)、「エクササイズ/スポーツジム」(15.6%)など、一人でもできる個人スポーツ(運動)が上位に並んだ。

スポーツを始めてから、それ以前との変化や効果について尋ねると、47.1%が「健康になった」、32.1%が「やせた」と回答した。27.8%は「スポーツの楽しさ、面白さを感じた」と答えている。

スポーツにかける1カ月の費用について聞いたところ、全体平均では5,856円だった。男性は5,773円、女性は5,938円となっている。年代別にみると20代は5,652円、30代が4,903円、40代が5,416円で、50代以上は7,452円だった。男性より女性がやや費用が高く、50歳以上が他の年代よりも費用をかけていることがわかった。

今後やってみたい・今後も続けたいスポーツについて聞くと、「ランニング・ジョギング」(30.2%)が最も多く、次いで「ウォーキング」(26.0%)、「水泳」(18.1%)、「ヨガ・ピラティスなど」(17.7%)となった。

男女別にみると、男性は「ランニング・ジョギング」(29.6%)が1位で、2位が「ウォーキング」(26.7%)、「筋力トレーニング」(19.2%)だった。女性は「ランニング・ジョギング」(30.8%)、「ヨガ・ピラティスなど」(26.7%)、「ウォーキング」(25.4%)という順位になった。