日本最高峰の山であり、標高3776.12mを誇る富士山

美しい自然と、おいしい空気、山頂から見下ろす景色の迫力に心惹かれ、多くの人が富士山を登っています。

ですが、登山は楽しいだけではありません。

天候が変わりやすいだけではなく、道に迷ったり、野生の動物に遭遇したり、登山に危険はつきものです。

富士山で倒れていた日本人女性を、米兵5人が救出!

2017年7月3日、富士山をハイキングしていた5人のアメリカ海兵隊員

彼らはふと、道に誰かが倒れているのを発見します。

「女性が倒れている!」

女性は過呼吸を起こし、道に倒れ込んで苦しそうにしていました。

彼らは女性を病院に搬送するために、急ぎ簡易ストレッチャーを作成。険しい山道を越え、女性をおそよ3.2km運びました。

アメリカ軍による情報配信サイト『DVIDS』によると、彼らの名前は左からランスさん、オットーさん、エリックさん、アベラルドさん、クリストファーさん。

彼らの心優しい行動に、多くの日本人から「ありがとう!」という声が寄せられています。

いち日本人として、心より御礼申し上げます。3.2kmって、人を運ぶには大変な距離ですよね。本当にありがとう!この5名は、ぜひ表彰していただきたいです!「登山」じゃなく「ハイキング」って書いているのに、力強さを感じました…。

自らの持つ力で、困っている人を助けた5人の男性。ネット上では、「彼らこそ『ヒーロー』だ!」というコメントも見られました。

彼らの素晴らしい行動に、心から拍手を送ります。本当に、ありがとうございました!

[文・構成/grape編集部]