岩井俊二監督の傑作ドラマをアニメ映画化

写真拡大

 岩井俊二監督の傑作ドラマをアニメ映画化する「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の製作報告会見が7月11日、東京・パークタワーで行われ、岩井監督をはじめ、声優を務めた広瀬すず、菅田将暉、宮野真守、松たか子、川村元気プロデューサーが出席。製作状況、アフレコ時のエピソード、本作の新情報等について語った。

 「モテキ」「バクマン。」の大根仁が脚本、「魔法少女まどか☆マギカ」「〈物語〉シリーズ」の新房昭之が総監督を務めた本作は、“夏休みのある1日”を幾度も繰り返すなかで、中学生の少年少女がたどり着く運命を描く。

 この日は新予告編も初公開され、映像を見たスタッフ・キャストからは、ヒロイン・なずなのビジュアル、演じた広瀬を絶賛する声が多数上がった。宮野は、「ラッシュで初めて見た時に、あの世界観で(キャラクターが)生きている姿を見たら愛おしくて。初めてなずなのビジュアルを見せてもらった時、こんなにセクシーだったんだと思った。そういうシーンが目白押しなのでお楽しみに。ドキドキすると思います」と熱弁。松も「色っぽさは、私でも『おお〜』と思いました」と同調した。

 さらに「広瀬と宮野のアフレコを見て参考にしたこと」を問われた菅田も、「広瀬さんのなずなの声が、本当に美しくて。それに合わせてドキマギするということを、ずっとやっていた。心情的には僕の方が大きいし、年齢的にも年上なんですけど。声でいうと、すごく久々にドキドキした」と言い、「色っぽいという声があがっていますが、僕はどちらかというとエロいなと思っていた」と明かす。広瀬は「よかったです」と照れ笑い。宮野は、「言い方次第で変わってくる(笑)」と小さくツッコミを入れていた。

 この日は、当初「完成報告会見」を予定していたが、製作の遅れにより急遽「製作報告会見」に変更になった。川村氏は、「シャフトという素晴らしいスタジオに作っていただいているのですが、遅れるのが有名なスタジオで。全部言っちゃってますけど(笑)。そのかわりに素晴らしいものをあげるので、粘りに粘っていまして」と製作状況を説明する。

 さらに、本作の企画立ち上げの経緯を「(川村氏が企画・プロデューサーとして参加した)『君の名は。』よりも、前にこの企画は始まっていました」「僕がアニメーションで仕事をしたい監督のなかに新房昭之監督がいまして。『化物語』『魔法少女まどか☆マギカ』に本当に衝撃を受けた」と明かす。そのうえで、「新房昭之監督が『まどか☆マギカ』や『化物語』でやったことを多くの人が見たら、新海誠さんの美術を見て、みんながびっくりしたのと同じような感動が起きるんじゃないかと直感的に思った」と解説した。

 会見中盤には、世界110の国と地域での配給が決まったことも発表され、登壇陣は「100ってすごい」(菅田)、「本当にすごい」(広瀬)と喜びをの声をあげていた。「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は8月18日から公開。