ソニーは、有機ELディスプレイを搭載するブラビア「A1」シリーズに、新たに77型の大画面モデル「KJ-77A1」を追加し、8月5日に発売します。実売予想価格は250万円前後(税抜)。

 

 

A1シリーズは、液晶ディスプレイではなく自発光式の有機ELディスプレイを搭載した薄型4Kテレビ。2017年6月に発売された65型「KJ-65A1」、55型「KJ-55A1」に続く3番目のモデルとして、77型サイズがラインナップに加わります。

↑有機ELディスプレイを搭載したブラビアA1シリーズ(画像はKJ-65A1/KJ-55A1発表時のもの)

 

KJ-77A1は、これまでのモデルと同様、ブラビアのフラグシップモデルのために開発された映像エンジン「X1 Extreme」を搭載。発色が鮮やかで解像感の高い4K/HDR映像に対応しています。

 

また、A1シリーズの特徴である、テレビ画面を振動させて音を再生する独自技術「アコースティック サーフェス」も搭載。サウンドと映像が一体化したような、臨場感のある視聴体験を実現しています。

 

↑パネル背面のアクチュエーター素子が振動を発生させて、画面から音を出す「アコースティック サーフェス」を搭載

 

インターネットにつないでアプリを追加できる「Android TV」にも対応。音声検索機能付きリモコンが付属し、テレビだけでマルチメディアなコンテンツが楽しめます。

 

背面のスタンドで三角に立てて設置するほか、別売オプション「SU-WL450」を利用して、壁掛け設置も可能。設置場所の環境に合わせて設置方法を選べます。

 

液晶テレビでは味わえない引き締まった黒や、点光源のきらめきを、ぜひ77型の有機EL大画面で体験してみて下さい。