あなたの夫の「イタメン度」は?妻がイラつく“あるある”な実態

写真拡大

最近では「イクメン」という言葉が浸透していますが、イクメンならぬ「イタメン」という言葉をご存じでしょうか。

夫をお金持ちにする“金妻”フレーズ5選! NGワードを言い換えて夫のやる気を引き出そう

イタメンとは、表面的な育児や、良いとこ取り育児をして、周囲に「俺はイクメンだ」と自分を過大評価する男性のことを言います。

ママから言わせれば、それは「勘違い育児」としか言えません。

イクメン気取りで、勝手にやっていてくれる分にはいいですが、イタメンの行為がママにとって邪魔になっていたり、二度手間になっていたり、さらには怒りを買うような行為であれば、それは問題です。

産後はホルモンの変化や、慣れない育児によるストレスにより、ママはただでさえイライラしています。そこに追い打ちをかけるように更にイラつかせてしまうイタメンの行動は、はらわたが煮えくり返るほどイラつくとも言います。

では、どんなイタメンの行動がママの怒りを買うのでしょうか。

今回は、ママが怒り心頭に発するほどイラ立ったイタメン夫の言動について聞いてみました。

そして、おおたとしまさ著『忙しいビジネスマンのための3分間育児』を参考に、夫のイタメン度が計れるイタメン度チェック表もご紹介したいと思います。

イタメンの実態とは

イタメンの行動といえば、「うんちのオムツ替えはしない」「お風呂は湯船に一緒に浸かるだけ」「気が向いた時だけあやす」「何の準備もしないで散歩に出かける」「子どもを病院へ連れて行かない」など、あげればまだまだ沢山ありますが、共通して言えることは、やはり表面的ないいとこ取り育児です。

ママが「もう!まったくーー、しょうがないな〜!」と思えるレベルであれば良いのでしょうが、そう思えるか思えないかは、ママのその時の気分や状況にもよります。

例えば夕飯の支度、お風呂の準備、グズり出す子どもの面倒など、何かとバタバタするのが夕方から夜にかけてですが、そんな時、たまに早く帰ってきたパパが子どものお風呂担当をしてくれるとなれば、ママは大助かりです。

しかし、そのお風呂担当のパパが、自分だけさっさと先に入り、湯船につかっている状態で「いいよ〜」と呼び、洗い終わったら「いいよ〜」とまた呼ばれ、子どもをお風呂へ運ぶだけであったなら、それはお風呂担当と言えるでしょうか。

小さな子どもをお風呂に入れるとは、浴室で子どもの体を洗ったり、温めたりすることだけを言うのではなく、服を脱がせオムツを替え、上がった時の衣類を揃え、スキンケアの道具を揃え、湯上りの飲み物を準備して……など、やらなければならないことは沢山あります。

これら全てを一通り一人で担当してやるのがお風呂当番だという認識が高いのがママですが、イタメン夫は「浴室で子どもの体を洗って温める行動」=「育児に参加している」と勘違いしてしまうようです。

「うんうん」と納得するママの傍ら、「えっ!そうなの!?」と思うパパ。この両者のギャップがイタメンとういう言葉を作り出していると言っても過言ではありません。

はらわたが煮えくり返るほどイラついた夫の言動とは

母乳育児中、しつこく晩酌を勧めてくる

「たまには」「一杯くらい」といった軽い気持ちで晩酌を勧めてくるパパはいます。

一見、ママの育児ストレスの解消を、と配慮した言葉のように聞こえますが、それが単なる晩酌に付き合って欲しいからという理由であることが見え見えであれば、イラつくのも分かる気がします。

必死で寝かしつけた子どもの横で大音量のテレビをつける

子どもを寝かしつけることの大変さが分かっているパパは意外に少ないものです。

なかなか寝付かない子どもをやっとの思いで寝かせた後は、待ちに待ったママの時間。さあ、これから趣味の時間に充てようとホッとしたのも束の間。テレビの大音量で一瞬にして寝付いた子どもを起こしてしまうパパの行動には、憤慨するほどイラつくのも分かりますね。

子どもに離乳食をあげている横で「ママは食べないの?」

まだ自分で上手に食べることができない赤ちゃんに離乳食をあげる時は、あげながら自分も同時に食べるということはなかなか出来ないものです。

お腹は空いていても、わが子を先にお腹いっぱいにさせてから、後でゆっくりと……なんて考えているママも多いでしょう。

そんな時、食卓に残されたママのおかずを見て「ママは食べないの?」と言うパパ。さらには「食べないならもらってもいい?」と続けます。

一緒に食べたいのは山々だけど、それどころではないママの状況や気持ちが全く理解できていない言動には、逆上するほどイラつくこともあるでしょう。

子どもの面倒を見ると言いながら、1日中やたらDVDを見せて、その横で爆睡

「たまには友達と食事でも行ってきたら」と、気の利いた言葉を掛けてくれるパパ。数時間なら大丈夫だろうと、たまには仲の良い友達と食事に出かけます。

しかし友達と食事をして自宅へ戻ると、子どもはDVDに釘付け、その横で高イビキをかいて爆睡しているパパ。

子どもが大好きなキャラクターが出ているDVDであれば釘づけにもなりますから、動くこともなく安心だと、思わず気が緩んで爆睡してしまうのは分かりますが、万が一子どもがフラフラと歩き出し、事故でも起きたらと思ったらゾッとしますよね。

無責任なパパの行動に、イラつく気持ちも分かるような気がします。

イタメン度チェック! 夫はいくつ当てはまる?

では、夫がイタメンかどうか知るために、「忙しいビジネスマンのための3分間育児」から抜粋した「イタメン度チェック」をしてみましょう。

さて、あなたの夫のイタメン度はどれくらいでしょうか?

1、おしっこのおむつ換えはできるけど、ウンチのおむつ換えは苦手
2、哺乳瓶での授乳の時、ヒマなのでケータイをいじっている
3、子どもと湯船にはつかるが、お風呂の前後の子どものケアはママまかせ
4、まだ子どもが0歳のころ、自分にできることは少ないと思っていた(いる)
5、一度泣かれてしまったら、ママにバトンタッチしないと泣き止まない
6、ゴミ出しはするけど、家中のゴミ箱のゴミを袋に集めるのはママの仕事
7、料理をしようと思って、冷蔵庫にある食材を買ってしまうことがある
8、子どもへの接し方で意見が食い違うママを、論破してしまうことがある
9、育児も家事も、いくらやっても、なぜかママに認めてもらえない
10、「育児することは権利である。邪魔するものは許さない!」と思っている

出典(忙しいビジネスマンのために3分間育児 おおたとしまさ著)

この中で当てはまるものが多ければ多いほど「イタメン度が高い」と言えますが、やはりイタメンとは、表面的ないいとこ取り育児と言えるようですが、「男の育児」=「ママのサポート」だとする考えがそのまま行動として出ているようです。

まとめ

今回はイタメンについてお伝えしましたが、夫も最初からイタメンになろうと思って行動しているわけではありません。

まだまだ父親としての認識や自覚が足りないだけで、本当はもっともっとママにとって役に立つような育児をしたいと思っているはずです。

育児に何も興味を示さない夫よりはまだマシだと思えるほど、ママの心に余裕があれば良いでしょうが、現代育児の中でその余裕を生み出すことは、なかなか難しいものです。

パパはもっとママを理解しようと努力し、ママはパパがもっと育児に参加しやすいような環境作りに努めることが大切ではないでしょうか。