【キム・ヒョンジュン】除隊後初ツアー開催 「同じ場所で会えてうれしい」

写真拡大

キム・ヒョンジュン

【画像】キム・ヒョンジュンのライブ写真を一覧で見る

韓国出身のソロアーティスト、キム・ヒョンジュンが、除隊後初となるソロ5度目の全国ツアー「KIM HYUN JOONG JAPAN TOUR 2017 “INNER CORE”」を開催中だ。

6月7日の静岡市民文化会館大ホールを皮切りに、7月26日の京都ロームシアター(追加公演=ファンクラブ限定限定)まで、18都市21公演で約4万5000人を動員予定。ツアーに先駆け、自身の誕生日でもある6月6日には3年ぶりの新シングル『風車 』も発表し、オリコンデイリーCDランキング1位に輝いた。今回は、2年のブランクを経ても衰えぬ人気ぶりを見せた、“リダ”の愛称でも親しまれるキム・ヒョンジュンの、7月6日神奈川・パシフィコ横浜で行われた公演をレポートする。

一曲目の『Your Story』 が流れると、オールブラックの衣装に身を包んだ主役が登場する。約2年間の兵役で精悍さを増したキム・ヒョンジュンだ。その間、彼がどんなふうにファンを思っていたのかが伝わってくる切ないボーカルでバラード2曲を歌い上げると、会場のあちこちから、彼の名前を呼ぶ声が飛ぶ。

その様子を見ながら、満足そうに「アニョハセヨ。こんばんは」と挨拶。「2年という時が過ぎても、この場所で待っていてくれたファンの皆さん、苦難をともにしたバンドのみんなと、また同じ場所で会うことができて、本当にうれしいです」。

この日の会場、パシフィコ横浜は、彼にとって特別な場所だ。入隊前最後の“GEMINI”ツアーのスタート地点であり、“GEMINI BAND”が生まれた場所だから。「この大切な思い出を失ってはいけないと思っています」と、客席一人ひとりに語り掛けるヒョンジュンへ、ファンは大きなエールを送っていた。

再会を噛みしめるようにバラード曲が続くが、『BREAK DOWN』で、会場の雰囲気は一変。縦横無尽に駆け巡るレーザーが会場を赤く染め、エッジの効いた足さばきに、歓声が巻き起こる。「みんなのエネルギーを見せてください!」と煽って、『Beauty Beauty』ではキュートなダンスを披露し、客席は一気にヒートアップ! 「皆さん、昨日、何かいいものを召し上がったんですか? 今日すごくいいですよ!」と、ヒョンジュンの顔からとびきりの笑顔がこぼれる。

ライブ中盤、スクリーンに映し出された「お元気ですか?」で始まる一連のメッセージ。この舞台へ戻ってくるまでの迷いや不安、ファンへの熱い想いなどを綴った手紙だ。最後はヒョンジュン自ら、日本語で「HENECIA(=キム・ヒョンジュンのファン)の皆さん、愛してます」。そのままラブソング『僕は君のもの』へと続き、最後の最後に再び、「愛してるよ」とささやき、ファンをメロメロにさせる。

度重なる激甘な言葉に酔いしれているファンへ、彼は真顔でこうたずねる。「このVTRを作った時は、感動的だなと思っていましたが……。皆さん笑っていましたが、どの部分で笑ったんですか?」。このとぼけた質問に観客は大爆笑! 客席からの答えに「発音? あ〜、その問題だったんですね」とため息をつくと、会場にはクスクス笑いが漏れる。さっきまでの甘いムードはどこへやら……。

さらに、次のアルバムについての質問が飛ぶと、「次のアルバムはシンプルでありながら聞き心地がいい、聞きやすい音楽を目指したいと思っています」と続け、「童謡を歌おうかな(笑)」と冗談を交えながら「一日も早く完成するように、皆さんが僕にいいインスピレーションをくださったらうれしいです」と巧みな話術で客席を沸かせた。

アンコール2曲目が終了したところで、「ここまではDVD(収録)用です。DVDは忘れて思いっきり遊びましょう!」と『U』がスタート。そして、最終的にアンコールで5曲も披露。最後の2曲では、舞台から降りて、一階の客席を自由に、走る・はしゃぐ・ハグ! そして客席に座ったり、ファンと肩を組んだりするたび、あちこちで大歓声が。

そして、『Love Like This』を歌い終えると、入隊した2年前を振り返りつつ「これからは、いつでもどこでも皆さんが望んでくださればステージに立つことができます。みなさん一緒にいてください」と、ファンとの別れを惜しむように何度も手を振って、“リダ”はステージを後にした。

自らを信じて待っていてくれたファンのために、歌も、トークも、演出も、全力のパフォーマンスで魅せたキム・ヒョンジュン。彼は確かに一流のアーティストだった。再び時を刻み始めた“リダ・ワールド”が、これからどんな発展をしていくのか見守りたい。