画像提供:マイナビニュース

写真拡大

スタンダードは7月20日、京浜急行電鉄監修のもと、カラオケルームに京急電鉄の車内を再現した「京急電鉄カラオケルーム」をJOYSOUND品川港南口店にオープンする。「リアル運転士・車掌体感ルーム」(定員数12名・禁煙)と「KEIKYU車内体感ルーム」(定員数4名・禁煙)の2部屋を展開する。

「鉄道カラオケ」とは、運転席からの展望映像とともに表示される運転士の喚呼や車掌のアナウンスのテロップをマイクで読み上げることで、本格的な乗務員気分が味わえるコンテンツ。

今回オープンする「京急電鉄カラオケルーム」のうち、「リアル運転士・車掌体感ルーム」は、正面に液晶を挟んで左右の壁面に車窓からの風景を投影した。また、ソファの代わりに対面のロングシートを設置し、運転台や実物の車掌マイクとスピーカーを採用した車掌ステージで、誰でも本物さながらの乗務員気分を体感できる。

一方で、「KEIKYU車内体感ルーム」は、車掌マイクとスピーカーに加え、クロスシートを設置した。網棚や吊革も取り付け、まるで京急電鉄の電車内にいるかのような気分を味わえる。このほか、乗務員になりきれるオリジナルコスプレグッズの貸し出しや、それぞれの部屋に「車掌非常スイッチ」や「連絡ブザー」をはじめとした貴重な車両備品を展示するなど、鉄道ファンには堪らない空間に仕上がっている。

「京急電鉄カラオケルーム」の実施期間は、7月20日正午から半年程度を予定しており、実施店舗は、JOYSOUND品川港南口店(東京)のみとなる。同部屋を利用した人全員に「JOYSOUNDオリジナル切符」をプレゼントする(切符が無くなり次第終了)。なお、同切符は実際の切符としては使用できない。