■乃木坂一辺倒の環境を変える力を秘めたグラドルたち

 2017年2月に発売された白石麻衣の写真集『パスポート』が異例の大ヒットを記録している。彼女を筆頭に乃木坂メンバーの写真集は飛ぶように売れ、上半期の写真集売り上げトップ10は乃木坂一色という形となった。アイドルブームが未だに冷めない中、期待の新人グラビアアイドルたちも多くの活躍を見せている。

【こちらも】写真集&アルバムの売れ行き好調の乃木坂46、それでもTV露出は増えない?

■2017年上半期の本命は小倉優香か

 2017年4月、突如として出現した小倉優香の人気は止まるところを知らない。彼女は無名ながらグラドルの登竜門ともされている『週刊ヤングマガジン』の表紙と巻頭カラーに抜擢。男なら誰もが見惚れる笑顔と167センチの8頭身ボディを武器に、6月は『マガジン』系列だけでなく『週刊プレイボーイ』や『FLASHスペシャル』に登場している。

 まだ現物の写真集の出版には至っていないが、デビューから3カ月も経たないうちに「週プレnet」から7月31日までの期間限定画像集は販売されている。「リアル不二子」とまで言われたボディを未だ見ていないなら一度は確認しておきたいところだ。

■浅川梨奈の躍進から目が離せない

 2017年の上半期グラビア界を語る上で看過できない存在が浅川梨奈だろう。浅川はSUPER☆GiRLSというアイドルユニットに所属しており、「1000年に一度の童顔巨乳」というキャッチフレーズで各雑誌のグラビアに引っ張りだこだ。まだ高校生ながら推定Fカップのボリューミーな胸を惜しげもなく披露しており、SNSで未公開写真を発信したのも話題となった。また、5月22日発売の『週刊ヤングマガジン』では官能をテーマにした写真を掲載し、大人顔負けの魅力を見せつけた。

 また、『14の夜』など映画への出演も目立っており、女優としての活躍も期待されている。アイドルならば一度は通るホラー映画での主演出演も決定しており、今後さらにメディアでの露出が増えることが予想される。

■『ハロー張りネズミ』にも出演予定の片山萌美に注目!

 最後に紹介したいのが片山萌美というグラビアアイドルだ。彼女はCMや映画での端役は経験していたものの、そこまで名前が浮上することはなかったグラドル。しかし、2016年に『週刊現代』で見せたきわどいショットで一気に火が付き、徐々にその名前が知れ渡ることになった。本人は体の露出を控えていたようだが、形のいいGカップバストは「神の下乳」とまで言わしめている。6月26日発売の『週刊プレイボーイ』でも他のグラドルやアイドルでは出せないフェロモンを漂わせた写真を掲載した。

 グラビアでの成功が功を奏したのか、7月からはじまる新ドラマ『ハロー張りネズミ』への出演が決定している。それ以外にも『劇場版 屍囚獄(ししゅうごく) 起ノ篇』で主演を務めるなど、女優業への道も開けているようだ。彼女がさらに活躍していけば、新しい写真集発売も期待できるだろう。