ハン・イェスル&キム・ジソク、新ドラマ「20世紀少年少女」男女主人公に確定…未婚男女の恋愛成長ドラマ

写真拡大

共感度200%の未婚男女の恋愛成長期が韓国で9月に放送される。

MBC新月火ドラマ「20世紀少年少女」(脚本:イ・ソネ、演出:イ・ドンユン) が編成と主演キャスティングを確定し、視聴者と会う準備に入った。

「20世紀少年少女」は子供の頃から同じ町で育った35歳の幼馴染の3人の女性が、ぎこちない愛と深い友情を通して成長していく過程を描いた感性ロマンスドラマだ。

ハン・イェスルとキム・ジソクは、それぞれアイドル出身俳優サ・ジンジンとアナリスト出身投資専門家コン・ジウォン役にキャスティングされ、共演する。今回のキャラクターと高いシンクロ率で話題を集めたハン・イェスルとキム・ジソクの出会いに期待がさらに高まっている。

また「20世紀少年少女」は「応答せよ1997」など、「応答せよ」シリーズのイ・ソネ脚本家と「ハッピー・レストラン〜家和萬事成〜」「女王の教室」などを演出したイ・ドンユンプロデューサーが意気投合し、隣人たちの素朴な物語を温かい感性で描く計画だ。