“スピード破局”ソルリ、SNSで始まりSNSで終わった4ヶ月の恋

写真拡大

ソルリとキム・ミンジュン氏が短い恋愛に終止符を打った。SNSに投稿した写真で熱愛が発覚した2人は、別もSNSで伝えた。

キム・ミンジュン氏は10日、自身のSNSに「チェ・ジンリ(ソルリの本名) さんと僕はお互いに悩んだ末、それぞれの道を歩むことにした。男女が会って知っていく過程でお互いの違うところを見つけ、それを認めた」と決別の事実を自ら明かした。

続けて「平凡な恋愛があるだけで特別な話も、気になる裏話もない。全ての過程が僕の選択で責任も負うつもりだが、作り話は止めてほしい」と頼んだ。

ソルリの所属事務所であるSMエンターテインメントもOSENに「別れたことは事実だ」と決別を認めた。

ソルリは、これまで自身のSNSを通じてキム・ミンジュン氏とのデート写真を堂々と公開。一緒にショッピングをしている姿からキューバ旅行まで、さまざまな写真を投稿していた。

キム・ミンジュン氏の顔はよく見えなかったが、いわゆる“ラブスターグラム”を続けてきたソルリ。別れのニュースが伝わる1日前も、彼女が掲載した写真にはキム・ミンジュン氏と思われる男性の姿が写っていた。

ソルリとキム・ミンジュン氏は今年5月、SNSに投稿した写真により交際疑惑が浮上。それを受けてソルリとキム・ミンジュン氏は交際2ヶ月であることを認め、“公式カップル”となった。

しかし、二人の恋愛は長く続かなかった。キム・ミンジュン氏はSNSを通じてソルリと別れた事実を伝え、ファンを悲しませた。

“ラブスターグラム”から始まった二人の恋愛は、わずか4ヶ月で終わってしまった。

・ソルリがスピード破局…交際相手がSNSで報告(全文)