7月になり、自動車市場の「中間テスト」の時期がやって来た。今年1〜6月の乗用車の販売量は942万1100台に上り、前年同期比1.48%増加した。資料写真。

写真拡大

7月になり、自動車市場の「中間テスト」の時期がやって来た。今年1〜6月の乗用車の販売量は942万1100台に上り、前年同期比1.48%増加した。そのうち、基本タイプ乗用車は451万6100台で同2.97%減少し、スポーツ用多目的車(SUV)は378万5200台で同17.11%増加、ミニバン(MPV)は84万6800台で同17.75%減少、クロスオーバー車は27万3000台で同25.72%減少だった。日系車は162万7600台を売り上げて全体の17.28%を占め、前年同期に比べて大幅に増加した。新華網が伝えた。

データをみると、乗用車市場が全体として減少局面にありながら、一汽トヨタは反対に増加傾向を示し、上半期には累計34万5000台を販売し、通年の目標台数の51.6%を達成した。6月の販売量上位10社ランキングで5位になり、販売量が急速な伸びを示した。

一汽トヨタがこのように好調だったのは、製品の力強い後押しがあったからにほかならない。ファミリータイプ乗用車では、上半期に一汽トヨタは「ヴィオスFS」のハッチバック車を発売したほか、「カローラ」のニューモデル車とデュアルエンジン車を打ち出した。注視されるのは、ヴィオスFSが3月末に発売されてからすでに1万2000台を販売していること、一汽トヨタ傘下の花形車種カローラシリーズが6月だけで2万8200台を売り上げ、中でもデュアルエンジン車が5100台を売り上げ、単月の記録を更新したとともに、前年同期比189%増加してこちらも記録を更新したことだ。

中級・高級車とSUVでは、「クラウン」の上半期販売量が1万6000台に達し、「RAV4」は6万5000台を超え、一汽トヨタの年間目標台数70万台に向けて一定の貢献をした。タイミングを見て状況を判断し、目先の争いはせず本質をめぐって争うという姿勢の一汽トヨタは、他の企業が絶えず市場を細分化して新車種を発表するのとは異なり、新車の発表こそ少ないが、力強い製品構成によって、市場の閑散期にも供給不足の状態が続いている。(提供/人民網日本語版・編集KS)