【詳細】他の写真はこちら

PCでもUHD BD対応モデルが増えてきました



NECパーソナルコンピュータは個人向けPC「LAVIE」シリーズの2017年夏モデルを発表しました。今回登場したのは、デスクトップ型が2タイプ10モデル、ノートPC型が1タイプ17モデルとなりますが、いずれも従来モデルをベースにスペックアップ、機能追加が施されたモデルがほとんどです。

その中でも注目したいのは、Ultra HD Blu-rayの再生に対応する一体型デスクトップPC『LAVIE Desk All-in-one DA970/HAB』と、同じくUltra HD Blu-ray再生対応のノートPC『LAVIE Note Standard NS850/HA』。早速順番にチェックしてみましょう。

『LAVIE Desk All-in-one DA970/HAB』





2017年春に登場した『LAVIE Desk All-in-One DA970/GAB』の後継機となる本機。Ultra HD Blu-rayの再生に対応する点以外では、CPUのスペックアップ等小幅な変更に留まっています。

23.8型4K解像度(3840×2160ドット)の23.8型液晶やハイレゾ対応のヤマハ製スピーカーを搭載するほか、地デジ/BS/110度CSデジタル対応チューナーを4基備える点などは、従来モデルから変更はありません。主なスペックは以下のとおりです。

LAVIE Desk All-in-one DA970/HABの主なスペック

・予想実勢価格:24万9800円前後(2017年7月13日発売)

・OS:Windows 10 Home 64bit

・ディスプレイ:23.8型(3840×2160ドット)液晶

・CPU:Core i7-7567U(最大3.5GHz、2コア4スレッド)

・メモリ:8GB

・ストレージ:4TB HDD

・光学ドライブ:Ultra HD Blu-ray対応BDXLドライブ

・テレビチューナー:地デジ/BS/110度CSデジタルチューナー×4

・通信機能:無線LAN(IEEE802.11 a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth

・インターフェイス:USB 3.1(Type-A)×2、USB 3.0×3など

・カメラ:720p対応カメラ

・サイズ:W546×H416×D200mm(ディスプレイ最小傾斜時)

・重量:約8.7kg

『LAVIE Note Standard NS850/HAB』





こちらは2017年春モデル『LAVIE Note Standard NS850/GAB』の後継に当たるモデル。『LAVIE Desk All-in-one DA970/HAB』と同じく、Ultra HD Blu-ray対応とCPUのスペックアップを達成しています。主な仕様は下表のとおり。

LAVIE Note Standard NS850/HABの主なスペック

・予想実勢価格:24万4800円前後(2017年7月13日発売)

・OS:Windows 10 Home 64bit

・ディスプレイ:15.6型(3840×2160ドット)タッチ対応液晶

・CPU:Core i7-7567U(最大3.5GHz、2コア4スレッド)

・メモリ:8GB

・ストレージ:1TB SSHD

・光学ドライブ:Ultra HD Blu-ray対応BDXLドライブ

・通信機能:無線LAN(IEEE802.11 a/b/g/n/ac準拠、Bluetooth

・インターフェイス:USB 3.1(Type-A)×1、USB 3.1(Type-C)×1、USB 3.0×2など

・カメラ:720p対応カメラ

・サイズ:W382×H26.2×D270mm

・重量:約2.7kg

文/こばやし☆なおき(編集部)

関連サイト



NEC「LAVIE」公式サイト