Photo by PHOTO AC(写真はイメージです)

写真拡大

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)がブログを更新し、先月22日に死去した妻・小林麻央さんの想いを語った。麻央さんが乳がんを患ってからずっと支え続けてきた海老蔵。麻央さんの死去後は、いまや多くのがん患者の支えともなっている小林のブログ「KOKORO.」を英訳し、小林が生前書き綴ってきた記事をあらためて世界中に発表し続けている。

 そんな海老蔵だが、自身のブログでも麻央さんの話題を出すこともしばしば。10日に「人の心に残る」というタイトルで更新された記事では「人の心に残るとは、生きている間にどう生きたかどう接したかに関係すると感じてます」とつづり、「日々麻央から多くを学んでいます。ダメな私ですがすこしづつなにかわかり出してるのかもしれません」と、いまだ多くのことを小林から教わっていることを明かした。

 このブログを読んだ読者からは「私は海老蔵さんのブログで麻央さんを感じます!」「麻央さんに愛された人なのだから。海老蔵さんも麻央さんと同じように愛の人ですよ」「麻央さんロス、私もです。みんなで乗り越えていきましょう!」といったコメントが残されている。

 その後、「ひたすら歌舞伎」というタイトルの記事では「今日は特に麻央をそばで感じました」と語り、歌舞伎公演中も小林がずっとそばで見守っていることを感じていることを明かしている海老蔵。悲しみの中でも前を向いている海老蔵の姿に共感する読者も多いようだ。

文・内村塩次郎