おかずはいらない!卵かけご飯に適した「とくたま」が登場!

写真拡大 (全3枚)

定番朝食メニューというカテゴリーを突き抜け、言うなれば、こだわりの進化と発展を遂げてしまったのが “たまごかけご飯”。もはやTKGという言葉が一般的になるほどで、これまで以上に広い世代で高い人気を獲得するに至りました。

そんなたまごかけご飯に合うたまごを、JA全農たまごが7月1日から東日本での先行発売を開始しました。そのたまごの名は「とくたま」。何と約1200人のアンケートを元に7年の歳月をかけて生み出された“最もおいしいたまごかけご飯ができる卵”です。

ニワトリに20種類の飼料を個別に与えて生まれた卵の香りや味、ご飯との相性をテスト。その中から評価の高かった「糖蜜」「魚粉」「米油」の3種類を配合して、黄身のコク、粘り気、色味において、最高となるブレンドの黄金比を導き出しました。ちなみにこの飼料はJA全農たまごと、JA全農が共同で特許を取得しているんだそうです。

長い年月と手間暇をかけてできあがった卵の味は、モニターによると
・黄身だけでなく白身もコシが強い
・黄身がネットリして香りが甘く、食べた後に余韻が残る
・黄身にコクと甘みがある
と高い評価を得ています。

おかずが嫉妬する特許のたまご「とくたま」。国産のニワトリが産んだ赤玉6個入りパックで、価格は235円です。極上のたまごかけご飯、味わってみてはいかが?

>> JA全農たまご「とくたま」

 

(文/&GP編集部)