米アリゾナ州の「アリゾナ大学(The University of Arizona)」と「アリゾナ州立大学(Arizona State University)」の2大学が、お互いのアメリカンフットボールチームのユニフォームをめぐり、ちょっとした“場外乱闘(未遂)”を起こしている。

6月末、アリゾナ大学のアメフトチーム“ワイルドキャッツ”が、NIKEによる新しいユニフォームを公開したことが事件の始まりだ。

これに対し、アリゾナ州立大学“サンデビルズ”のユニフォームを担当するアディダスがアメフト用のツイッター(もちろん公式)で「新しいシーズン、同じ(ゴミの絵文字)」とディスるような投稿をしたのだ! なお、当該ツイートはすでに削除されている。

ちなみにNIKEは長年、両大学のユニフォームを手掛けてきたのだが、アリゾナ州立大学は2015年からアディダスに提携先を変更している。

まさかの公式、しかも世界的に有名なブランドの大胆すぎるツイートに、ネット上では驚愕する人が続出。いずれもすでにツイートは削除されているものの、「アディダス、やるじゃん!」「まさにこれな」「先制攻撃だ」と、アディダスの反応を評価する声もあった。

アディダスの“挑発”に対するNIKEやアリゾナ大学側の反撃ツイートは確認できていない。「勝手に言っとけ」とスルーしているのか、それとも……?