チェルシー新加入、リューディガーについての4つの事実

写真拡大 (全4枚)

先日ついにチェルシーへの加入が決まったアントニオ・リューディガー。

チェルシーは3年前から彼を追っていたと言われており、ローマでのブレイクを経てついにプレミアリーグへの上陸を果たした。

アントニオ・コンテ監督待望の新たなセンターバックとなる彼は、一体どんな選手なのか?『Sky Sports』が伝えた「4つの事実」は以下のようになっていた。

バックグラウンド

彼は1993年生まれの24歳。ベルリン生まれのリューディガーは、母親の故郷であるシエラレオネの資格を持っていたが、U-18からドイツの代表を選択している。

ボルシア・ドルトムントのアカデミーで最優秀賞を獲得した彼は、2011年にシュトゥットガルトのセカンドチームに加入し、3部リーグでプレーした。

その1年後、ボルシアMGとの試合でプロデビューを果たした。それから公式戦で80試合に出場している。

セリエAのローマは2015年に彼をローンで獲得するため400万ユーロ(およそ5.2億円)の手数料を支払い、900万ユーロ(およそ11.6億円)で買い取ることを選択している。

プレースタイル

6フィート3インチ(190cm)の体格を持つリューディガーは、空中戦に強さを見せる選手であり、プレミアリーグのフィジカルにも悩むことはないだろう。しかし同時に、地上戦でのスピードも強みになるはずだ。

ドイツ代表監督のヨアヒム・レーフ氏は、EURO2016で彼をメンバーに選んだが、立場としてはサブだった。

彼の身体的な能力は少しジェローム・ボアテングに似ている。ボールを持つとやや不器用なところはあるが、高い運動能力は最終ラインのどこでもこなせるという強みを与えている。

どこにフィットするか?

リューディガーは主にセンターバックを得意としているが、右サイドバックでプレーすることも可能である。

チェルシーにおいては、最終ラインの3名の右ストッパー、セサル・アスピリクエタに質の高いオプションを加えるという意味を持つだろう。

ジョン・テリーが退団したあと、チェルシーはナタン・アケがその穴を埋めると思われたが、彼はボーンマスに放出されてしまった。

そのため、このリューディガーがチェルシーの最終ラインに良い形の選択肢を加えてくれる。

実は…

リューディガーはシュトゥットガルトに所属していた2014年、チェルシー移籍の噂が立っていた時、アーセナルのサポーターであることをインタビューで明かしている。

アントニオ・リューディガー

「アンリとベルカンプの時代から、僕はアーセナルのファンだった。いつもプレミアリーグを夢見てきた。ビデオをいつもYoutubeで見ているし、今もアレクシス・サンチェスのシャツを着ていることが多いよ」