ICBM「火星14」型の試射成功を祝う宴会(2017年7月11日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会と党中央軍事委員会は10日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」型の試射成功を祝う宴会を開いた。朝鮮中央通信が11日、伝えた。

金正恩党委員長が李雪主(リ・ソルチュ)夫人と参加した。

「火星14」型の試射成功に寄与した国防科学部門の幹部が招待され、金永南(キム・ヨンナム)、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)、朴奉珠(パク・ポンジュ)、崔龍海(チェ・リョンヘ)の各氏をはじめ党、国家、軍隊の責任幹部が参加した。

宴会では、黄炳瑞氏が祝賀演説を行い、「米国とその追随勢力がわれわれの前に白旗を掲げて降伏書をささげる時まで息をつく暇もなく強打を与え、朝鮮革命の最後の勝利に向けて力強く闘っていく」と強調した。

また、宴会では、牡丹峰(モランボン)楽団の公演が行われた。