武井壮

写真拡大

10日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、武井壮が、松居一代と船越英一郎の騒動を取り上げるテレビ各局に苦言を呈した。

番組では、松居がYouTubeやブログで、夫・船越の不倫などを訴えている話題を取り上げた。これに武井は、松居の行動が「(公に名前を使って肖像権で商売している)公人を殺しかねない」「潰しにいってる」と批判すると同時に、マスコミに対しての自身の考えを明かしたのだ。

武井曰く、今回の騒動は公人である船越にも松居にとっても悪影響になっていると指摘。続けて、家庭内の問題は「身内の恥」であり、当人同士が裁判などで決着をつけるものだとして、動画などで大衆に向けて発信するようなものではないと断言する。

また、これを取り上げるテレビの姿勢を「あんまり美しくない」と漏らし、痴話ゲンカなどを撒き散らすことが「エンターテインメントの役割ではない」と指摘していた。

【関連記事】
武井壮が「国会閉会中審査」での「記憶がありません」発言に厳しい指摘
武井壮が高橋由伸監督を批判する記事に反論「チームの力が劣っているだけ」
武井壮 スポーツ庁が掲げる「スポーツ好き」促進を批判