サマーシーズンの到来と共に、新作水着やビーチグッズなど夏を彩るさまざまなアイテムが登場するこの時期は、トレンドを意識したデザインやグッズの機能をチェックするのも楽しみの1つ。

今回はコスモポリタン アメリカ版から、ビーチでのパーティに便利なワイングラスを紹介。せっかくワイングラスをビーチに持っていっても、砂の上で安定して立たせるのは至難の業。そんな悩みを解消する"ビーチ用のワイングラス"が存在するんだとか!

この商品を開発したのはジェイソン・クリンジさんとデヴィッド・ダゴスティーノさん。ある夏の日、2人がビーチでワインを飲んでいると、グラスのフットプレート(ワイングラスを支えるベース部分)が丸ごと割れてしまったそう。普通の人ならこの時点でグラスごと捨ててしまうところだけど、クレイグさんがふとステム(グラスの脚)を砂浜に刺してみたところ、グラスがしっかり立つことに気付いたのだとか。

「これは大発見かも!?」と思った2人は商品化を目指してデザインに着手。割れにくいアクリル素材を使い、グラスが水に浮かぶよう計算するなど、試行錯誤を重ねたとのこと。

そして2015年、2人は「ビーチグラス」という商品名でこのグラスを発売。2つのデザインと海をテーマにした11色から選べるグラスは、幅広い年齢層に支持され、初回生産分は3カ月で完売! 以来世界各国に販売網を広げているそう。

「高まる需要に応えるため、本年度は製造工場を1つ増やしたほどです。創業以来、最多の出荷を見込んでいます」と、広報担当者はコメント。

とはいえ夏はあっという間に過ぎ去るもの。せっかく買ったグラスも、ビーチシーズンが終われば使う機会もなくなってしまうんじゃ…? ――そんな心配はご無用。ビーチグラスを刺すためのアクリルスタンドも販売しているので、インドア使用も含め、年間を通しさまざまなパーティで活用できるよう。

Coming this spring the new #thebeachglass West Coast Collection! #wine🍷 #beach #camping #beachwedding #bonfire

A post shared by The Beach Glass (@thebeachglass) on

このとおり、ピクニックでも活躍!

このグラスがあれば、夏のレジャーが一層楽しくなりそう♡ ただし、ビーチによっては飲酒を禁じている場所もあるので、ビーチに行く際はあらかじめ確認しておきましょう。

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: 宮田華子

COSMOPOLITAN US