「僕らしくなかった」 ルーニーが古巣エバートン復帰決断の理由を明かす

写真拡大

出場機会を失った昨季の苦悩を語る 「フットボールをしたかった」

 マンチェスター・ユナイテッドのクラブ歴代最多得点記録を昨季更新したFWウェイン・ルーニーは9日、2004年以来13年ぶりに古巣エバートンへの復帰が決まった。

 苦悩の日々を乗り越え、移籍の決め手となったのは、やはり失った出番を取り戻すためだったと明かしている。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

 ルーニーは昨季、動きにも精彩を欠き、FWズラタン・イブラヒモビッチの加入やFWマーカス・ラッシュフォードら若手の台頭もあってレギュラーポジションを失った。「当然、フラストレーションが溜まった。ずっとプレーしてきたから、プレーできずにベンチに居ることはキャリアで初めてのことだった」と、苦悩の日々を振り返っている。

 31歳とまだまだ老け込む年齢ではないだけに、やはり出場機会を優先しての移籍だったとエバートン復帰という決断に至った理由を明かした。

「僕らしくなかった。僕にはプレーが必要で、フットボールをしたかったし、プレーできないことはフラストレーションだった。でも僕はマンチェスター・ユナイテッドのキャプテンで、自分の立場を維持し続ける必要があり、ドレッシングルームにネガティブな部分を持ち込むまいと努めていた」

 キャプテンとしてチームのためにバックアッパーという立場を受け入れながらも、完全に納得することはできなかったようだ。プレーへの情熱は失われておらず、16歳でプロデビューを飾った愛着あるクラブでの再起を決断した。イングランド代表復帰も見据えるルーニーは、エバートンで完全復活を遂げることができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images