ハンドスピナーに新種現る!四角いのに回るってどういうこと?

写真拡大 (全6枚)

世界中でなぞの大ヒットを見せているハンドスピナー。ただクルクルと回すだけの玩具ですが、子どもはもちろん、大人にも中毒者が続出しています。もちろん&GP編集部でも、気づくと全員がデスク上でクルクルやっている有様です。最近はLEDライトを搭載し、暗闇でキラキラ光るバージョンも見かけたりもしますが、このたびもっとすごい進化版ハンドスピナーが現れました。なんと形が立体の正方形。

そんなものがクルクル回るのか!? という疑問が当然浮かびます。一体どんな仕組みなのか、その秘密を見ていきましょう。

四角いハンドスピナー「Cube」 がヴィレヴァン通販で取扱い開始となりました。通常のハンドスピナー同様に、1本の指だけで回転を開始し、グルグル良く回転します。

じつはキューブそのものが回転しているのではなく、立方体内部の対角線が軸となり、そのほかの部分が回転しているという仕組みなのです。つまり2つの角は回転せずに親指と人差し指に固定されているわけです。

聞けば「ああ、そういうこと」と納得してしまう人が多いと思いますが、初めて見る人にとっては驚かれること間違いなし!

また「cube」は、分解して別の色と組み合わせが可能というのも、面白いところ。色は、赤/青/ゴールド/ブラックの4色展開。価格は2138円です。

ハンドスピナーは、手持無沙汰なときや、なんとなく落ち着かなくそわそわするときに回してみると、意外と集中できて気持ちが落ち着きます。禁煙中の方や落ち着きの無いお子様にも気分が紛れるのでお勧めです。
また、貧乏ゆすりやペン回しをついついしてしまう方も是非試してみてください!

>> ヴィレヴァン通販「 Cube」

 

(文/&GP編集部)