10日、人民網は「中国人観光客の海外での評価が向上した」とする中国社会科学院新聞伝播研究所などのレポートを取り上げ、訪日ツアーを担当するガイドの声を紹介した。写真は羽田空港到着口。

写真拡大

2017年7月10日、人民網は「中国人観光客の海外での評価が向上した」とする中国社会科学院新聞伝播研究所などのレポートを取り上げ、訪日ツアーを担当するガイドの声を紹介した。

「中国新媒体発展報告2017」という名称のレポートは同研究所と社会科学文献出版社が発表したもので、「中国人の被調査者の8割以上が自分の海外旅行でのマナーに満足」「海外の被調査者の間でも『5年前に比べ中国人観光客のマナーは向上した』との認識が強まっている」という内容が記されている。

記事は「観光客のマナー向上を最も感じ取れる職業の一つ」としてガイドの仕事を紹介。10年以上旅行業務に従事し、主に訪日ツアーを担当してきたあるガイドは「中国人観光客の印象はここ数年で明らかに変わった。以前の訪日ツアーではごみのポイ捨てや喫煙場所について何度注意してもマナー違反がたびたび起こったが、近年は出発前に自ら旅行中の注意事項を尋ねる客が増えていて、ルールを守ろうという意識も持っている」「自分としても政府が作成した訪日旅行マニュアルを喜んで配布している」と語ったという。

一方、中国の旅行予約サイト・驢媽媽旅遊網の関係者は、中国人観光客のマナー改善について当局の呼び掛けや「ブラックリスト」導入が背景にあるとの考えを示すとともに、観光客側の「海外旅行慣れ」を指摘。今年上半期の同サイトの海外旅行者のうち31.5%は海外が2回目以上という人で、62.3%は現地の法律や習慣などを出発前に把握していたという。(翻訳・編集/野谷)