現在のネットユーザーは、モバイルソフトウェア「微信」を使って、ルイ・ヴィトン、グッチ、シャネル、ディオールなど有名ブランドのバッグをレンタルすることができるという。資料写真。

写真拡大

現在のネットユーザーは、モバイルソフトウェア「微信(Wechat)」を使って、ルイ・ヴィトン、グッチ、シャネル、ディオールなど有名ブランドのバッグをレンタルすることができるという。英BBC(電子版)の報道を引用して参考消息網が伝えた。

レンタル料金は、バッグの品質とタイプにより異なり、99元(1元は16.7円)から1878元までと幅広い。高級バッグレンタルのプラットフォーム「抖包包」は、レンタル料とは別に、商品価格の30%から50%の保証金を顧客に請求している。

「抖包包」の創始者・程凱文氏は6月、「このレンタルシステムは、『経済と環境保護』という2つのメリットを備えている。また、中国の消費者が、飽和状態に向かっている市場において、偽物と本物の区別がつけられるようサポートすることができる」と話した。

2016年12月、Eコマース大手アリババが、米国の「偽造品市場ブラックリスト」に掲載された。米関連当局によると、アリババのプラットフォームが「ハイレベル」の偽造品を販売したためという。

米国と日本では、すでに贅沢品のシェアサービスが普及しているが、中国のSNS新浪微博(ウェイボー)上では、このような商業モデルが中国でも成功するかどうかは極めて疑わしいとする意見もある。

あるネットユーザーは、「中国では、自転車、スマホ充電器、傘、さらにはボールカートに至るまで、レンタルサービスが行き渡っている。今後、どんなシェア商品が誕生するのだろうか?」とコメントしている。

また、あるネットユーザーは、「我々がプライベートジェットをレンタルできる日も、いつかやってくるのだろうか?」と投稿した。(提供/人民網日本語版・編集KM)