カーラ・デルヴィーニュ、駅での騒動にショック

写真拡大

モデルで女優のカーラ・デルヴィーニュが、ロンドン市内の駅で、カメラマンともめ事になったようだ。

同市のセント・パンクラス駅から出てきたところでカーラがカメラマンに囲まれた際、友人の1人がカメラマンたちを激しく非難したことがきっかけで小競り合いが勃発し、最終的には警察が介入して事態を収拾したと言われている。

目撃者の1人は次のように語っている。

「カーラが駅に現れたとき、カーラの写真を撮る何人かのカメラマンがいました」
「カーラのグループの1人の男性がカメラマンらに、もう写真は十分に撮ったはずだと言っていたんですが、その後に彼はカメラマンの1人と小競り合いとなり、激しく押し合いを始めました」
「かなり大きな騒ぎとなって、武装している警察も含め10人ほどが止める事態となっていました」

カーラ本人はその騒動に直接関わっていたわけではないものの、ショックを隠せない様子で、警察に違う場所へと連れていかれていたという。

前述の目撃者はザ・サン紙に「カーラは大きなショックを受けていたように見えました。彼女は警察によって待っていた車へと誘導されていました。その一方でカーラの友人とカメラマンはとどまり、事情聴取を受けていました」と続けた。

最近カメラマンとの騒動を起こしたのはカーラだけではなく、ワン・ダイレクションのルイ・トムリンソンもロサンゼルスの空港でパパラッチに暴行を加えたとして訴えられていた。

ルイとカメラマン共に起訴はされなかったものの、法廷にてその騒動が起こった時の各々の見解を述べ、今後同じような状況になった時の行動について助言されたという。

当時ルイの弁護士はこのように述べていた。「これはパパラッチがセレブリティと言い争いになったほんの一例です。ルイがパパラッチと争っている間、また別の3人がルイのガールフレンドを攻撃していたので、ルイは彼女を守りに入ったんです」