「人物」2017年、キャンバスに油彩

2017年7月11日(火)から7月16日(日)まで、Japan Creative Arts Galleryにて、絵画を中心に制作を行っている寿司みどり氏の個展「光と反吐」が開催される。これまでに見たことがないような新しい人物画を目指して制作に取り組んでいる寿司氏の約40点の最新作を紹介。入場無料、時間は11:00〜19:00で、最終日のみ17:00までの開催となる。
寿司みどり氏は1987年岐阜県生まれで、2011年に東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。現在は東京都に在住して、制作活動を行っている。ガーディアン・ガーデンでの「1_WALL」(2014年)、東京都現代美術館での「トーキョーワンダーウォール」(2015年)、渋谷パルコでの「シブカル杯」(2016年)に参加するなど、精力的に活動している若手美術作家だ。
同氏は特に人物画に魅力を感じており、時代性を取り入れながら、できるだけ既視感のない形状で人間の複雑さを表現。「現代において実生活はもちろんSNSのようなインターネット上でもいくつもの人格が表出していく様は大変興味深い」とも考えている。「光と反吐」という展覧会タイトルは、“両極端のものが1つの中にあること”の意味を込めてつけられた。
■期間:
2017年7月11日(火)〜7月16日(日)

■開催場所:
Japan Creative Arts Gallery
東京都中央区日本橋茅場町3-12-9 NIビル B1F

■問い合わせ先:
Japan Creative Arts Gallery
tel. 03-6661-2716
url. http://jcagallery.net/
url. http://sushi-midori.net/hikaritohedo/