テニス、ウィンブルドン選手権、男子シングルス4回戦。勝利を喜ぶミロス・ラオニッチ(2017年7月10日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】テニス、ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2017)は10日、男子シングルス4回戦が行われ、大会第6シードのミロス・ラオニッチ(Milos Raonic、カナダ)は4-6、7-5、4-6、7-5、6-1で第10シードのアレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev、ドイツ)を下し、準々決勝へ駒を進めた。

 前回大会準優勝のラオニッチは次戦、昨年の準決勝で自身が勝利した第3シードのロジャー・フェデラー(Roger Federer、スイス)と再び顔を合わせる。ウィンブルドン通算7勝のフェデラーは同日、第13シードのグリゴール・ディミトロフ(Grigor Dimitrov、ブルガリア)を6-4、6-2、6-4で退けている。
【翻訳編集】AFPBB News