近畿大ボクシング部の男性監督が、教え子の女子選手にセクハラ行為などをしたとして、大学から自宅待機を命じられていることが11日に分かったという。共同通信が報じた。

 日本ボクシング連盟も状況を把握しており、同連盟の会長は男性監督を除名する方針を示したという。

近大監督、女子選手にセクハラ ボクシング部(共同通信)