元日ハム・稲葉篤紀のタニマチ弁護士が「巨額詐欺」逃亡!(2)関係のある女性はブランド好き

写真拡大

 それにしてもなぜ、全国展開するほど金満だった弁護士が、依頼人の金にまで手をつけるようになってしまったのか。実は菅谷氏は、実直な弁護士としての顔とは別の“裏の顔”があったという。

 親交のあった弁護士が語る。

「高校時代、菅谷氏は柔道部に所属していた。趣味は格闘技観戦で、中でも覆面レスラーが活躍する団体の興行に入れあげていてスポンサーにもなったばかりか、資金もかなり投入していました。しかも自身が覆面レスラーに扮して、『マスクドAI』というリングネームを持ち、試合にも出場していた。格闘技選手たちとの知己もあったようで、大手プロレス団体の選手らに、たびたびごちそうしていました」

 実際、かつてやり手弁護士として活躍していた菅谷氏は85年3月に中央大学杉並高等学校を卒業後、成城大学法学部に入学。94年11月に司法試験に合格し、法律事務所勤務を経て独立を果たす。

 05年には弁護士法人アクティブイノベーションを設立。東京のほか、札幌、仙台、大阪、広島、福岡に支店を構えるなど全国展開を行っていた。

 また、弁護士業務の他に、不動産ビジネスやテレビ、ラジオなどにも出演するなど、多方面で活躍していたにもかかわらず、資金繰りに行き詰まった背景には、“女性”の存在があったと言われている。

 知人が明かす。

「実は、菅谷氏には母親と暮らす東京の自宅以外に、地下鉄さっぽろ駅から徒歩3分の場所にある30階建のタワーマンションの高層階の一室を別宅にしていた。そこには、ススキノで出会ったという女性を住まわせていましたよ。菅谷氏は、彼女のことを“姫にゃん”と呼び、スポンサーをしていたプロレス団体の試合でもリングに上げていた。それ以外にも高級ブランド品の洋服や装飾品を買い与えるなど、相当入れあげている感じでした」

 こうした数々の“浪費”が、菅谷氏の懐具合をひっ迫させていたのだ。