傘のニオイに、ご用心!

写真拡大

梅雨明けが待ち遠しい東京です。この記事が掲載される頃には真っ青な空が広がっているのでしょうか。

さて、そんななか、先日プ〜ンと鼻をつくイヤなニオイが私の周辺から漂ってきました。えっ? 私? 私なの?? もしかして 私が「臭い」の、と......

臭いニオイ、お客様に伝染したかも......

漂う臭いニオイに、私は周囲に気づかれないよう、クンクンと衣類を嗅いでみましたが、どうやら洋服ではなさそうです。

気のせいか...... と思いながら歩いていると、その臭いはずっと私の身体にまとわりついてきます。やっぱり私よね、と思い、さらにクンクン。カバンなどを嗅いでみると、なんと、犯人は折り畳み傘でした。

外出が多いので、カバンには必ず折り畳み傘が入っています。使用中の1本は、とても軽くて大きさもちょうどよいため、いつ買ったのか記憶がないほど使い続けているのです。

とりあえず犯人がわかったので、ひと安心。そのままカバンから出すこともなく持ち歩いていたある日のこと、外出先で雨が降り出し、いつものように傘をさすと「うっ、臭い」。さすがにマズイと思いながらも、初めてのお客様の会社へ到着。傘を閉じていざ受付へ。

うっ、今度は手が臭い...... あわてて化粧室で手を洗い、気を取り直して商談へ。しかし帰り際、あろうことかその臭い傘をお客様のエントランスへ置いてきてしまったのです!

あわてて取りに戻ろうとしたその時、お客様が傘を手に私の元へ。あ〜っ! こんな臭い傘を持ったら、間違いなくお客様の手にニオイがついてしまった......

そして私は「臭い女」に認定されてしまう。穴があったら入りたい。恥ずかしい気持ちでいっぱい。しかし、言えない。「こんな臭い傘で申し訳ありません。手を洗ってくださいね」とは。

私が発したのは「わざわざ申し訳ありませんでした。ありがとうございました」と、お礼を言うのが精一杯でした。

天日干しはNGです

かくして翌日、私は家中の傘をベランダに並べて天日干しをしたのですが、ニオイはとれませんでした。

そこで皆さん、傘の手入れをしたことがありますか? 私は恥ずかしながら、使った翌日に天日干しする程度で、それ以外の手入れはした記憶がありません。

というよりも、手入れの仕方自体を知らないかも。インターネットで調べてみたら、使用後は速やかに軽く布で拭いて、風通しのよい場所で日陰干し(天日干しはNGでした! )。そして、時々スペシャルケアとして傘の丸洗い。スポンジで全体を軽く擦り、汚れが目立つところは中性洗剤を薄めて擦るとキレイになるそうです。

シャワーで十分すすいだら、日陰干しして完了。まずは、恥さらしの臭い傘を洗ってみました。意外と簡単で、あっという間にキレイになりました。そして、何よりもうれしいのは臭いニオイがとれたこと。

玄関の靴箱を開けた際に気になっていた「臭い」ニオイの原因は、靴だけではなく、傘のニオイもあるのかもしれません。梅雨明けと同時に傘もキレイに丸洗いして、スッキリ晴れ晴れした気分で夏を迎えましょう。(篠原あかね)