パーソルホールディングスのグループブランド「PERSOL」CMのグラフィック画像より(以下同)。写真は現役の世界的スーパーモデル、カルメン・デロリフィチェさん。85歳。

写真拡大

「はたらいて、笑おう。」という宣伝コピーのCMが話題だ。出演者は85歳で現役の世界的スーパーモデル。「生涯現役」というパワフルで超ポジティブな“老人”になるには、なにが重要なのか――。

■85歳 現役スーパーモデル「人生は自由に再構築できる」

「はたらいて、笑おう。」

総合人材サービスのパーソルホールディングス(旧テンプホールディングス)が2016年に発表したグループブランド「PERSOL」のCMやwebムービー、ポスターに共感の輪が広がっている。冒頭の言葉がそのメインのコピーだが、特筆すべきは出演者たちが「高齢」であるにもかかわらず華やか、かつ超パワフルであることだ。

その筆頭が、85歳にしていまなお現役の世界的スーパーモデル、カルメン・デロリフィチェさん。年齢的にはおばあさん世代なのに、まったくそれを感じさせない。目の前に現れたら、ひれ伏してしまいそうなオーラ。恐るべし高貴、いや後期高齢者だ。

「あのCMを見ると、明日も頑張らなきゃという気持ちになる」(26歳女性)
「職業や演出の影響もあると思うけど、全然枯れていない感じに好感が持てる」(35歳男性)

私のもとにはそんな声がたくさん届く。なぜそう感じるのか?

▼なぜ85歳にして「私に終わりはない」と言えるのか?

カルメンさんはCM内で語っている(「働くとは?」という質問に答える形式のCM)。

「人生を愛しているか? 心から愛しているわ」
「幸せは訪れるはずなのよ。人はいい気分になるようにできているの」
「私の人生では、起きること全てに素晴らしいという意識を持ち、参加し、貢献し、向上するために最善を尽くしてきた」
「私は学んだの。自分の世界は変えられる、と。人生は自由に再構築できるの」
「なぜ精力的に続けられるのか? その源は情熱よ」
「私に終わりはないの」

いやもう、カッコいいのである。「人生は再構築できる」「私に終わりはない」「精力さの源は情熱」……万能感のようなものに包まれていて、見ているこちらがうっとりするのである。モデルという職業ゆえのきらびやかさやヘアメイク術から受ける印象もあるだろう。しかし、こんな85歳が存在すること自体が私にとってはミラクルだ。どこまでも前向きで、自分を愛し、あきらめない生き方こそが、彼女の現役たる秘訣で、いくつになっても人々を魅了し続ける理由なのかもしれない。

■一方、日本人は仕事に情熱を持つ人が少ない

ところで。

日本人の平均寿命は、女性は世界一で86.99歳、男性も80.75歳と過去最高だ。リタイア後の人生の、なんと長くなったことか。そんな中、もちろん日本人でもイキイキしている高齢者はいるけれど、枯れていく人のほうがまだまだ多いような気がするのは私だけだろうか。特に男性に多く見受けられる。

リタイア組に限らない。現役世代を含む今の日本人に、カルメンさんのような熱い心を常に持っている人がいるだろうか。仕事に対する情熱を胸に抱く人がどれほど存在するだろうか。

博報堂生活総研「定点調査」(2016年)によると、「基本的に仕事が好きである」という日本人は46.7%だった。つまり、好きな人は半数以下。地域差はなく、女性のほうが男性より6ポイントほど高い。女性に仕事好きは多いらしいが、全体の46.7%は同じ調査をした1998年と比較して7.3%も落ちている。

同調査の他の結果では(数字は全体)、

「家族の時間を多少犠牲にしても仕事で成功したい」9.6%
「仕事が第一である」21.6%
「(会社では)気楽な地位がいい」派:「責任ある地位がいい」=79.1%:20.8%

働きたい気持ちはあるけれど、気楽な地位がよくて、なにかを犠牲にするほどの情熱は見えてこない。もちろん、数字だけではわからないけれど、この報告からは日本人の仕事に対するパッションは感じ取れない。

▼「仕事とは生活費を稼ぐためのもの」派が多数

若手社員の「仕事の情熱」は違う調査でも、低いことがわかる。

エンジニア向けウェブマガジン「fabcross for エンジニア」が今年6月に発表した「仕事やキャリに関する価値観」によれば、入社3年目までの社員(一般職)は「仕事とは自分の夢・目標を実現させるためのもの」派が25.3%であったのに対し、「仕事とは生活費を稼ぐためのもの」派が59.3%を占めた。

やはりデータの数字のみでは断言できないが、日本人の仕事に対する情熱は強いとは言えない。その要因には、経済環境など時代背景などがあるだろうが、「仕事熱」を失いつつある日本が心配になる。

■カルメンさんのようなパワフルな老人になるために

かく言う自分(50代)はどうかと振り返ると、40代半ばにして会社(博報堂)を辞めて独り立ち。女性の欲望・心理・行動研究をする「女の欲望ラボ」を立ち上げた。終身雇用に守られていた身分から、いきなり大海原へ飛び出したわけだ。

最初は失敗もありうまく泳げなかったけれど、だんだん波のよけ方、波の乗り方もわかるようなり、自分の好きな仕事をできるようになった。というか自分にあった仕事しか来なくなった。

責任はすべて自分にあり、休むと給料は入ってこない。でも頑張れば頑張った分だけ自分に返ってくる。というのが、おもしろくなり、今に至る。いつまでこの仕事をしてるだろうか、とたまに不安になることもあるけれど、たぶんずっとやっていけるとも信じている。

まだまだこれから、なんでもできるとワクワクもしている。カルメンさんは遠い目標だが、挑戦と情熱のかけらくらいは持ち備えている。

▼100年生きる時代 人生を再構築する気概が必要

大きな組織にいるとつい甘えてしまい、ぬるま湯から出にくくなる。うまくいかないと、誰かに頼ってしまうこともある。私自身もそうだった。

不安定で先が見えない世の中だからなおさら組織から脱するのは難しい。けれど、外にはチャンスがあるかもしれない。もちろん、組織を脱しなくても開拓や挑戦はできるだろう。結局のところ、今とこれからの仕事を楽しむ気力があるかどうか、にかかっているともいえる。

人生100年といわれる時代、リタイアしても20年以上(100歳まで生きるなら30数年以上)人生は続く。「生涯現役」の気持ちで働き、世の中に貢献できるようにするためにも、今から自分の本当にやりたいことを見つめ直し、人生を再構築する気概が必要なのかもしれない。副業も積極的にするべきだろう。そうすれば、もしかたら冒頭で紹介したカルメンさんのように働いて笑える、パワフルで超ポジティブな高齢者になれるかもしれない。

(女の欲望ラボ代表、女性生活アナリスト 山本 貴代)