アイリッシュセッターの特徴とは

みなさんはアイリッシュセッターという犬をご存知でしょうか。アイリッシュセッターとはアイルランドを原産地とする大型犬で、外見の美しさがいちばんの特徴です。
光沢のあるマホガニーレッドの被毛と、耳、脚の後ろ、前胸部、腹部、尻尾に長めの飾り毛を持つアイリッシュセッターの、走る姿を見たら一瞬で虜になってしまう人もいることでしょう。もともと引き締まったスタイリッシュな体を持つアイリッシュセッターですが、この被毛が優美さを醸し出していると言っても過言ではありません。

平均体重は30kg前後、平均体高は雌で62cm、雄では72cm程度で大型犬に分類されます。また、走った時に前後の足がぶつからないよう体長が体高よりも長くなっています。

アイリッシュセッターの歴史

アイリッシュセッターはセッター種のひとつで、もとは鳥の猟犬として働いていました。鳥を見つけると自分では捕まえることをせずに動けないように睨み付け、伏せ(set)をしてハンターを待っていたことからセッターと呼ばれていました。
はっきりした起源は分かっていないものの、アイリッシュセッターはセッター種の中でも古い歴史を持つ犬種と言われており、アイルランドに渡ったレッドスパニエルにポインター種とセッター種を交配させてつくられたものが、アイリッシュセッターだという説が有力です。

現在、日本のジャパンケネルクラブ(JKC)ではアイリッシュセッターとして登録できるのは毛色がマホガニーレッド単色のみで、白が混ざっているものはアイリッシュレッドアンドホワイトセッターという別犬種として登録されることになっています。初期のアイリッシュセッターは現在のアイリッシュレッドアンドホワイトセッターに近い、所々に白が混ざった毛色でしたが、その後改良が進み、現在のようなマホガニーレッド単色に固定されました。JKCではアイリッシュセターという名称で登録されています。
見た目の美しさから現在はドッグショーで活躍する犬も増えています。

アイリッシュセッターの性格

アイリッシュセッターはエネルギッシュで陽気、人懐っこく社交的な性格で、ペットとしても評判があります。一度覚えたことは忘れないのですが、興味のあることや好奇心を優先してしまうためにしつけをしにくいと誤解されてしまうことも多々あるようです。
ペットとして飼われていても、猟犬の性質が消えてなくなっているわけではありません。猫や鳥などの小さい動物に出会ったときに追いかけてしまうこともあるため、散歩はアイリッシュセッターをきちんと制動できる人が行う必要があります。

やんちゃでいたずら好きなところもアイリッシュセッターの可愛い部分ではありますが、これは大人になっても変わることがないようです。また、大雑把な面も持ち合わせているため子どもに対する行動が乱暴に見えてしまうこともよくあります。ちょっとしたことで事故につながることのないようにしっかりとしたしつけが必要です。

アイリッシュセッターを飼うときの注意点

アイリッシュセッターを飼う際には、飼い主として気をつけなければならないことがあります。そこで注意点を以下にまとめてみました。

運動量

アイリッシュセッターは1日に100kmを超える距離を走ることの出来るスタミナを持ち合わせているために、日常においても相当な運動量を必要とします。毎日少なくとも1時間程度の散歩を1日2回は行いましょう。散歩と言っても歩くだけではなく走る時間も取り入れましょう。週に数回はドッグランや広い野山を自由に走り回る時間も必要です。頭を使ったゲームなどもとても喜んでくれます。
万が一運動量が不足してしまうと、ストレスが溜まっていたずらをしたり、問題行動をおこしたりしてしまう場合があるので気をつけましょう。

ブラッシング

美しい被毛が魅力のアイリッシュセッターには適切なブラッシングが欠かせません。毛が長く絡まりやすいため、2日に1回はブラッシングが必要です。また、換毛期には多くの毛が抜けるので毎日のブラッシングを心がけましょう。

飼育環境

アイリッシュセッターはシングルコートで上毛もあまり厚みがないために、寒さに強いとは言えません。さらに、原産地のアイルランドでは夏場でもそれほど暑くならないことから、暑さにも強くはないのです。このことから、気温や湿度を調整できる室内で飼った方が良いとされています。部屋の広さも大型犬が過ごしやすいような広さを確保しなければなりません。

アイリッシュセッターのかかりやすい病気

胃捻転股関節形成不全てんかん進行性網膜萎縮皮膚疾患

胃捻転や股関節形成不全は大型犬に多くみられる病気で、アイリッシュセッターも例外ではありません。
胃捻転は1食の量を少なめにし、食後すぐの運動を避けるようにすることでリスクを減らすことができます。もし胃捻転になった場合には、命に危険が及ぶため急いで病院を受診しましょう。
股関節形成不全は遺伝性と後天性の2つがありますが、後天性は肥満によるものが多いと言われています。足をひきずったり、運動を嫌がるそぶりをみせるなどの行動があった場合はこの病気が疑われるので、病院での診察をおすすめします。

遺伝的要素が強い病気としては、てんかんと進行性網膜萎縮があげられます。
遺伝的要因の強い特発性てんかんの場合、原因は不明で、現在のところ予防方法がないため薬での治療となります。
進行性網膜萎縮は網膜の細胞に異変が起き、徐々に視力が低下し最終的に失明してしまう病気です。治療方法は今のところありませんが、遺伝子検査を行うことで因子を持っているかどうかの判定ができるため、子にこの遺伝子を受け継がせないためにも遺伝子検査を受けることが推奨されています。

アトピー性皮膚炎もアイリッシュセッターがなりやすい病気の1つで、放っておくとさらに他の皮膚疾患を引き起こしてしまうこともあるため気をつけなければいけません。ダニやハウスダストなどを吸引することでアトピー性皮膚炎が誘発されるため、部屋を掃除したり、ブラッシングや定期的なシャンプーを行ったりすることで皮膚を清潔に保つことが求められます。症状がひどい時には病院で薬を処方してもらいましょう。

まとめ

外見の美しさが魅力のアイリッシュセッターは、飼い主が努力しなければその魅力を維持することはできません。もちろん、アイリッシュセッターを飼ううえで大変なことはたくさんあるとは思いますが、天真爛漫なアイリッシュセッターにたくさんの人が癒されているのも事実です。この記事をきっかけに、アイリッシュセッターのことを知ってもらえたら幸いです。