9日夜放送された韓国・SBSの人気バラエティー番組「ミウンウリセッキ(邦題:アラフォー息子の成長日記)」が平均16.6%の高視聴率を記録した。瞬間最高視聴率を獲得したのは、歌手イ・サンミンが体験した激安日本旅行のシーンだった。写真は福岡。

写真拡大

2017年7月9日夜放送された韓国・SBSの人気バラエティー番組「ミウンウリセッキ(憎いうちの子、邦題:アラフォー息子の成長日記)」が、平均16.6%、最高21%の高視聴率を記録したことが分かった。瞬間最高視聴率を獲得したのは、歌手イ・サンミンが体験した激安日本旅行のシーンだった。

最低コストで最高の効果を生み出す生活スタイルを実践して見せる「窮ジュアリー(窮状+ラグジュアリー)」のコーナーで、イ・サンミンは今回、歌手で親友のチョン・ジュニョンと共に激安海外旅行を敢行した。目的地は九州、費用は釜山(プサン)からの往復の船賃も含め5万9000ウォン(約5800円)だ。

釜山から福岡までは、高速船や飛行機を使えば1〜2時間ほどで着いてしまうが、2人が利用した船は所要12時間。イ・サンミンの母親は「パニック障害のある子が長時間の船旅で目まいでも起こしたら」と心配したというが、当の本人は船上に持ち込んだチキンなどを食べながらそれなりに船旅を楽しんだようだ。

福岡に到着後、2人は大分・別府に移動し温泉を堪能。ただし、「ラグジュアリーな温泉施設」よりも1000円ほど安く済む海岸の砂蒸し温泉で十分満足したという。

番組について報じた韓国メディアによると、その視聴率が物語る通り、イ・サンミンの「窮ジュアリー」生活は視聴者から高い人気を得ており、最近ではまねしてみようとする人も多いという。9日の放送でも、出港した船上から眺めた釜山の夜景が視聴者の心を捉え、番組に出演した俳優ヨン・ジョンフンからは「家族旅行で行ってみようかな」との発言も出た。ニュースエンは、番組のような日本旅行が今後流行するかもしれないと伝えている。

韓国のネットユーザーからも、「僕も番組を見て、福岡について検索してみたよ」「面白かった」「サンミン兄さんの激安旅行記、来週も期待してます」などの反応が寄せられている。

しかし一方では、「格安航空会社の特価チケットなら同じ値段で行けるよ。そこまでしなくても…」「ソウルから釜山に行く交通費を考えてないよね」「これが激安旅行だって?時は金なりなのに、時間ばかりかかってるじゃないか」と否定的な意見も。

中には「ただの貧乏旅行に見えた。視聴率目当てなだけで、何を言いたいのか分からない」「本当にお金がない人はこんなことはしない」「芸能人だからその値段で行けるんでしょ」など番組や企画を批判するコメントもあった。(翻訳・編集/吉金)