ロメル・ルカク【写真:Getty Images】

写真拡大

 今月8日、エバートンからマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が発表されたベルギー代表FWロメル・ルカクの背番号が9に決まった。

 ルカクは英メディア『ESPN』で「私の母は10月10日生まれだから通常私は10番を着けている」と告白した。そんなルカクが背番号9に決めた理由を「ストライカーだから9番が欲しかった」と話し「私はこの番号を着けてもいいかズラタン・イブラヒモビッチに質問して彼はそれを了解した。彼には感謝している」と真相を明かした。

 ちなみに、かつてユナイテッドで背番号9を着けてプレーしたOB選手として元イングランド代表FWアンディー・コール、元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフ、近年ではコロンビア代表FWラダメル・ファルカオといったストライカーがいる。

text by 編集部